コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タッソーニ Tassoni, Alessandro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タッソーニ
Tassoni, Alessandro

[生]1565.9.28. モデナ
[没]1635.4.25. モデナ
イタリアの詩人。サボイア家などに仕えたが,モデナのエステ家のもとで晩年をおくった。主著『奪われた手桶』 La secchia rapita (1622) は,14世紀の史実に基づいて,井戸の手桶をめぐるボローニャとモデナの争いを描いた擬英雄詩体の叙事詩であり,スペイン貴族,教会風俗,彼の敵対者に対する風刺を脈絡なく展開したものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タッソーニ【Alessandro Tassoni】

1565‐1635
イタリアの詩人,批評家。モデナの貴族の生れ。ボローニャ,ピサ,フェラーラに遊学したのち,1599年ローマで枢機卿に仕えるが,1604年に職を辞し,本格的な文筆活動に入る。20年サボイア公の書記に任ぜられてトリノに赴くが,ほどなく仲たがいしてローマに帰る。晩年はモデナ公に迎えられて故郷に生涯を終えた。同時代人にはG.ガリレイ,G.ブルーノ,バロックの詩人マリーノらがおり,ルネサンス後の新しい文化を模索する時代潮流のなかで,彼の批評精神は権威の模倣に対する痛烈な批判となって現れた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タッソーニ
たっそーに
Alessandro Tassoni
(1565―1635)

イタリアの詩人、批評家。アリストテレスやペトラルカなどの旧来の権威の模倣に対して痛烈な批判を浴びせ、また詩人としては、風刺を真骨頂とする代表作『奪われた桶(おけ)』全12歌(1622)を、アリオストからタッソへと受け継がれたイタリア英雄叙事詩のパロディーたらしめて、いわゆる英雄喜劇詩を創始するなど、ルネサンス後の新しい文化が求められた時代に重要な役割を果たした。[林 和宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

タッソーニの関連キーワードアリオスト9月28日デモンズ2

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android