コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タナグモ Agelenidae; funnel weaver

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タナグモ
Agelenidae; funnel weaver

クモ綱クモ目タナグモ科に属する種類の総称。体長1~1.5cm。森林内のほか屋内,床下,低木,生垣などに水平な棚網を張り,その奥にトンネル状の住居をつくる。雌雄の形態的差異はほとんどない。日本産は 10属 70種。代表種は屋内の隅などに棚網を張るイエタナグモ Tegenaria domesticaで,体長約 1cm,頭胸部は黄褐色,腹部の灰色地に黒色のまだら模様をもち,世界的に分布している。このほか野外ではクサグモ,ヤチグモ Coelotes exitialisおよびその近縁種などが知られている。 (→クモ類 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タナグモ

タナグモ科Agelenidaeに属するクモのうち,クサグモ類,ヤチグモ類を除いたものの総称。英名は分類学上別系統のジョウゴグモなどとともに,住居と網の形からfunnel‐web spiderと呼ばれる。和名は棚状の網を張ることに由来する。体長5~10mm。樹木,石などと地面の接する部分,木の幹のくぼみや割れ目,また建物の壁の隅などに棚網を張り,その奥に管状の住居をつくり,中に潜む。棚網に獲物が落ちると住居からとび出し,かみつき,とらえて住居に引きずりこむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タナグモ
たなぐも / 棚蜘蛛・店蜘蛛

節足動物門クモ形綱真正クモ目タナグモ科の総称。代表的なのは、家屋内の隅などの薄暗い所に棚状の網を張るイエタナグモTegenaria domesticaで、棚網の奥にトンネル状の住居がある。世界の温帯地方に広く分布する種で体長8~10ミリメートル、褐色で腹部は灰色でかすかな網状斑(はん)がある。
 野外で普通にみられる種はクサグモAgelena limbataで、低木や生け垣などに網を張りノジタナグモともよばれる。美観を損なうので嫌われがちであるが、生け垣などにくる害虫を補食してくれる益虫である。コタナグモCicurina japonicaは、黄白色の微小なクモで落葉層や洞窟(どうくつ)内にすむ。タナグモの仲間で、とくに種類や個体数の多いのはヤチグモ類である。石の下や山道の切り通しなどにトンネル状住居をつくる。網はタナグモやクサグモのように大きくはなく、入口付近にわずか張るだけである。各地に広く分布するものから、地理的隔離によって局地的な分布をするものもある。[八木沼健夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のタナグモの言及

【クモ(蜘蛛)】より

…しかし網を張らないナガイボグモ科,ササグモ科もこれに含まれる。日本にはヒメグモ科,ホラヒメグモ科,サラグモ科,センショウグモ科,ヨリメグモ科,コガネグモ科,カラカラグモ科,アシナガグモ科,ナガイボグモ科,ヒラタグモ科,ホウシグモ科,ウシオグモ科,ミズグモ科,タナグモ科,ハタケグモ科,キシダグモ科,コモリグモ科,ササグモ科など21科がいる。二爪類Dionychaは2個のつめをもつクモで,毛束のあるものが多い。…

※「タナグモ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

タナグモの関連キーワードクサグモ(草蜘蛛)ウシオグモハタケグモミズグモ家店蜘蛛店蜘蛛棚蜘蛛草蜘蛛

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android