コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タマヨ タマヨ Tamayo, Rufino

6件 の用語解説(タマヨの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タマヨ
タマヨ
Tamayo, Rufino

[生]1899? 8.26. オアハカ
[没]1991.6.24. メキシコシティー
メキシコの画家。国立美術学校に学んだが官学的教育に反抗して退学,以後は独学で絵を修めた。 1926年最初の個展を開き,その後ニューヨークにおもむいて,27,28年の2回の個展で名声を得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

タマヨ(Rufino Tamayo)

[1899~1991]メキシコの画家。インディオ芸術を基礎に欧州の前衛様式を取り入れ、独自の象徴的世界を描いた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

タマヨ

メキシコの画家。オアハカ生れ。サン・カルロスの美術学校に学び,1928年教育省造形美術部長となる。1948年よりニューヨークに定住。メキシコの民族的伝統とキュビスムなどのヨーロッパ近代美学とを結びつけた独自の画風で知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

タマヨ【Rufino Tamayo】

1899‐1991
メキシコの画家。オアハカ生れ。伯母の店で昼間働き,サン・カルロスの美術学校で夜学ぶという生活を送る。1921年より考古学博物館民族学部門に就職し,古代メキシコへの目を開かれた。壁画を手がけているが,同世代の壁画運動の画家たちとは離れて,社会主義的主題になじめず私的な主題を描きつづけた。祖先の血が流れているようなその独特な色彩感覚と柔らかな形態処理,画面の肌合いは,若い画家にも強い影響を与えている。【加藤 薫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

タマヨ【Rufino Tamayo】

1899~1991) メキシコの画家。インディオ芸術を基礎とし、ヨーロッパの新しい造形精神を融合させ、独自の画風をたてた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タマヨ
たまよ
Rufino Tamayo
(1899―1991)

メキシコの画家。リベラシケイロスオロスコとともにメキシコ画壇を形成した。貧しいインディオの子としてオアハカ州生まれる。少年時代はメキシコ市に出て市場の果物売りで生活していたが、サン・カルロス美術学校に入学、絵画を学ぶ。しかし、学校の傾向に飽き足らず1年で退学し、独学で絵画を続けた。さいわいなことに、22歳の若さで国立人類博物館民俗局長となり、インディオである彼は祖先の古代メキシコ文化やインディオ芸術に接して親しみ、一方でフランスエコール・ド・パリの影響も受けた。そのため、彼の画風は他の3人と異なり、抽象的であり、壁画派でなくタブロー派である。また、インディオの呪術(じゅじゅつ)的心情に根を下ろしたカオス的幻想と叙情をもち、4人の巨匠のうちもっともメキシコ的画家といえよう。しかし、シケイロスをはじめとするメキシコ画壇は、メキシコ革命、民衆のための壁画運動に燃え、きわめて政治的であったので、彼は反革命、非愛国者のそしりを受けた。そこで彼は1926年ニューヨークで個展を開いて高い評価を受けると、祖国を離れパリに本拠を置いて制作を続け、ヨーロッパ諸国に多くの愛好者をもった。晩年はメキシコに戻っている。代表作には『テウタンテペックの女性』『月に手をのべる女』『インディオ讃歌(さんか)』『寝室のビーナス』『歌う人』などがある。[深作光貞]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タマヨの関連キーワードオアハカバスコンセロスメキシコ湾流アメリカメキシコ戦争メキシコ銀メキシカンモンテアルバンヤグールメキシコのダンスオアハカ文化

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タマヨの関連情報