コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タルタリア タルタリア Tartaglia, Niccolò

3件 の用語解説(タルタリアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タルタリア
タルタリア
Tartaglia, Niccolò

[生]1499. プレシア
[没]1557.12.13. ベネチア
イタリアの数学者。本名は Niccolò Fontana。 1512年,フランス軍の侵攻の際に暴行を受け,その回復後も口が不自由であったため,吃音を意味するタルタリアが通称になった。独学で数学を学び,21年にベロナで,34年にベネチアで数学教師となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

タルタリア

イタリアの数学者フォンタナの通称(吃音(きつおん)の意)。貧家に生まれ,独学で数学を学びベネチアで教えた。1535年ごろ三次方程式の解法を発見したといわれ,1545年同じ解法を発表したカルダーノとの間に優先権をめぐって論争があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

タルタリア【Niccolo Tartaglia】

1500頃~1557) イタリアの数学者。本名ニコロ=フォンタナ。三次方程式の一般的解法を発見、のちカルダーノによって発表された。また、弾道の理論を研究。ユークリッドの「原論」を翻訳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タルタリアの関連キーワードエクレシアプレシーズンマッチパールプレシャスピアニッシモ・プレシア・ディアス・メンソールピアニッシモ・プレシア・メンソールプレシャライズドアウディエンシア・プレシデンシアルプレシアス・オパールプレシアダピスプレシデンシア

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タルタリアの関連情報