コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンパク(蛋白)質分解酵素(読み)たんぱくしつぶんかいこうそ

百科事典マイペディアの解説

タンパク(蛋白)質分解酵素【たんぱくしつぶんかいこうそ】

プロテアーゼとも。タンパク質やポリペプチドに作用して,そのペプチド結合(−NH−CO−)の加水分解を触媒する酵素。ペプチド鎖の末端側から切断していくエキソペプチダーゼと,鎖の途中を切断するエンドペプチターゼに大別され,前者にはカルボキシペプチダーゼ,アミノペプチダーゼなどが,後者にはペプシン,パパイン,スブチリシンなどが属する。
→関連項目癌抑制遺伝子多剤併用療法

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android