タンパク(蛋白)質分解酵素(読み)たんぱくしつぶんかいこうそ

百科事典マイペディアの解説

タンパク(蛋白)質分解酵素【たんぱくしつぶんかいこうそ】

プロテアーゼとも。タンパク質やポリペプチドに作用して,そのペプチド結合(−NH−CO−)の加水分解を触媒する酵素。ペプチド鎖の末端側から切断していくエキソペプチダーゼと,鎖の途中を切断するエンドペプチターゼに大別され,前者にはカルボキシペプチダーゼ,アミノペプチダーゼなどが,後者にはペプシン,パパイン,スブチリシンなどが属する。
→関連項目癌抑制遺伝子多剤併用療法

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android