コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンパク(蛋白)質分解酵素 たんぱくしつぶんかいこうそ

1件 の用語解説(タンパク(蛋白)質分解酵素の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

タンパク(蛋白)質分解酵素【たんぱくしつぶんかいこうそ】

プロテアーゼとも。タンパク質ポリペプチドに作用して,そのペプチド結合(−NH−CO−)の加水分解を触媒する酵素。ペプチド鎖の末端側から切断していくエキソペプチダーゼと,鎖の途中を切断するエンドペプチターゼに大別され,前者にはカルボキシペプチダーゼ,アミノペプチダーゼなどが,後者にはペプシン,パパイン,スブチリシンなどが属する。
→関連項目癌抑制遺伝子多剤併用療法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

タンパク(蛋白)質分解酵素の関連キーワード蛋白質分解酵素プロテアーゼポリペプチドアルカリプロテアーゼアスパラギン酸プロテアーゼアポタンパク質エンドプロテアーゼ細菌プロテアーゼ苦みペプチドプロテアーゼ阻害剤

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone