タンパク(蛋白)質分解酵素(読み)たんぱくしつぶんかいこうそ

百科事典マイペディアの解説

タンパク(蛋白)質分解酵素【たんぱくしつぶんかいこうそ】

プロテアーゼとも。タンパク質やポリペプチドに作用して,そのペプチド結合(−NH−CO−)の加水分解を触媒する酵素。ペプチド鎖の末端側から切断していくエキソペプチダーゼと,鎖の途中を切断するエンドペプチターゼに大別され,前者にはカルボキシペプチダーゼ,アミノペプチダーゼなどが,後者にはペプシン,パパイン,スブチリシンなどが属する。
→関連項目癌抑制遺伝子多剤併用療法

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android