コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トロンビン トロンビンthrombin

翻訳|thrombin

5件 の用語解説(トロンビンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トロンビン
トロンビン
thrombin

蛋白質分解酵素の一つであるプロテアーゼの一種。血液の中にはプロトロンビンとして存在しており,活性化してトロンビンとなる。血液凝固の際に水溶性のフィブリノーゲン不溶性フィブリンとする作用をもっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

トロンビン(thrombin)

血液が凝固する過程の最終段階に働くたんぱく質分解酵素。血漿(けっしょう)中に存在するプロトロンビンが血管の損傷・出血時に活性化されたもので、フィブリノゲン加水分解してフィブリンに変える。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

トロンビン

 血液凝固に関与する酵素の一つ.フィブリノーゲンをフィブリンに変換する.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

トロンビン【thrombin】

血液凝固に際してフィブリノーゲンをフィブリンに変えるタンパク質分解酵素。血管の損傷・出血時に、血小板が壊れてできるトロンボプラスチンと血漿中のカルシウム-イオンその他の要因によって、血漿中のプロトロンビンが変わったもの。 → フィブリン

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トロンビン
とろんびん
thrombin

血液の凝固に関係するタンパク分解酵素(プロテアーゼ)の一つ。血液凝固の本質と目される反応、すなわち血液中の可溶性のフィブリノーゲンを加水分解して不溶性のフィブリンへ変化させる反応を触媒する。血漿(けっしょう)中に前駆体プロトロンビンとして存在し、血管の損傷、出血時に活性化されてトロンビンとなる。ヒトのトロンビンの分子量は3万5000である。フィブリノーゲンに対する基質特異性はきわめて高く、フィブリノーゲン分子の六つのサブユニットのうちの二つのα(アルファ)鎖、二つのβ(ベータ)鎖のN末端側のアルギニンとグリシンの間の4か所のペプチド結合のみを加水分解する。トロンビンはカルシウム存在下に第因子とよばれるプロトランスグルタミナーゼを活性化し、活性第因子はフィブリンのモノマー(単量体)を交差結合させて凝固させる。[降旗千恵]
『大熊稔・池田康夫・蔵本淳・島田和幸・日高弘義・丸山征郎・山崎博男編『血小板と血管細胞のシグナル伝達』(1997・金芳堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のトロンビンの言及

【血液凝固】より

… 内因系の血液凝固は,XII因子,XI因子,プレカリクレインが固相に吸着されて,固相上で活性化されることによって開始される。血液凝固の作用が開始されると,ひきつづいて各因子による連鎖反応が起こり,形成された複合体にII因子(プロトロンビン)が結合して活性化され,活性化II因子(トロンビン)がフィブリノーゲンに働きフィブリンに転換する。フィブリンは自然に重合を起こし,フィブリン網を形成し,血液はゲル化する。…

【フィブリノーゲン】より

…各鎖ともにアミノ酸配列はすべて決定されている。長さ約46nmの棒状分子で,タンパク質分解酵素トロンビンの作用によりα鎖とβ鎖の一部分が切断遊離され,フィブリンモノマーになる。生じたフィブリンが重合して血液の凝固をひき起こす。…

※「トロンビン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トロンビンの関連情報