ターンオーバー

デジタル大辞泉の解説

ターンオーバー(turnover)

ラグビーで、防御側が攻撃側からボールを奪い攻守が逆転すること。また、アメリカンフットボール・バスケットボールなどで、エラーや反則によってボールの保持権が相手方に移ること。
競泳で、一定の距離や時間の間に水をかくストロークの数。
皮膚の新陳代謝現象。基底細胞が角質層に移行し、皮膚表面からはがれていく過程。健康な皮膚は約28日間で繰り返す。
両面を焼いた目玉焼き。→サニーサイドアップ
ターンオーバー制

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

ターンオーバー

 代謝回転ともいう.生体の物質が常に新しいものに置き換えられていること.例えばタンパク質のターンオーバーというと,すでにある特定のタンパク質が新しく作られる同じタンパク質によって常に置き換えられていること.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

DBM用語辞典の解説

ターンオーバー【turnover】

ある一定期間に購買された数量で測定されるある商品の販売スピード。商品回収率の事。販売高を平均在庫高で割って求める。平均在庫は、例えば月初在庫と月末在庫を加えて2で割った在庫。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティングDBM用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ターンオーバー【turnover】

反転。
スポーツで、ボールの支配権が相手に移ること。
両面を焼いた目玉焼き。
皮膚の表皮組織の新陳代謝。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ターンオーバーの関連情報