ダイエー[株](読み)ダイエー

百科事典マイペディアの解説

ダイエー[株]【ダイエー】

スーパーマーケット。中内【いさお】〔1922‐2005〕が1957年に大栄薬品工業を設立し,大阪で〈主婦の店ダイエー〉を開店,1959年主婦の店,1962年主婦の店ダイエーと改称,1970年現社名。安売りで人気を集め,流通革命旗手となる。1964年東京に進出し,以後全国に店舗を開設。1972年三越を抜き小売業トップとなった(1980年小売業初の売上高1兆円突破)。ゼネラル・マーチャンダイズ・ストア的性格をもつ。1985年《オレンジページ》創刊,1988年福岡ダイエーホークス発足,1993年福岡ドーム開業,1994年忠実屋,ダイナハなどを吸収合併などはなばなしい活動をしていたが,平成不況の中での消費不振が続き,1998年2月期に赤字転落。赤字店の閉鎖,リストラ策の展開で再建に取り組む。また持株会社の設立などグループ再編に着手。1999年1月中内社長は退任(2000年12月,取締役も辞任)。2004年12月から産業再生機構の支援下で不採算店舗の大量閉鎖など大掛かりなリストラを実行,2006年に丸紅が筆頭株主となった。2007年イオンの資本を受け入れ,イオン・丸紅傘下で経営再建に挑む。なおプロ野球球団〈福岡ダイエーホークス〉は2005年ソフトバンクが引き継いだ。本社東京,店舗数99(2011年)。2011年資本金565億円,2011年2月期売上高9118億円。
→関連項目中内【いさお】ホールセール・クラブマルエツ[株]リクルート[株]ローソン[株]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ダイエー[株]

日本の代表的なスーパーマーケット。本社,大阪府吹田市。1957年中内(1922‐ )が(株)主婦の店ダイエーを設立し,大阪市旭区の京阪千林(せんばやし)駅前に100m2足らずの安売店を開業したことに始まる。次いで59年神戸の三宮に本格的スーパー第1号ともいえる三宮店を開店。その後日本経済の高度成長に伴う大量消費市場の形成とともに,メーカーの決めた価格より安く商品を売る薄利多売同社は流通革命の旗手として成長を続けた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android