コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイカー ダイカーCephalophus; duiker

5件 の用語解説(ダイカーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダイカー
ダイカー
Cephalophus; duiker

偶蹄目ウシ科ダイカー属の動物の総称。小型のアンテロープで,体長 55~90cm,体高 35~50cm。体毛は柔らかく,特に前頭部と尻部の毛は比較的長い。前後肢とも短い。まばらに木が生える藪地にすみ,群れをつくらずに単独または1対で生活する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ダイカー【duiker】

ウサギからシカ大の小型のアンテロープ。偶蹄目ウシ科ダイカー亜科Cephalophinaeに属する哺乳類の総称。一見シカの子のように見えるが,背中が丸く湾曲し,四肢は細いが比較的短く,胴は太い。雌雄とも耳よりも短い後方にのびる小さな角をもつ。体色は種によってさまざまで,淡褐色から茶色,黒色に近いものまである。一部の種は背中に縞模様をもつ。コシキダイカーCephalophus sylvicultor(イラスト),ハイイロダイカー(サバンナダイカー)Silvicapra grimmiaなど17種が北アフリカを除くアフリカに分布している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ダイカー【duiker】

偶蹄目ウシ科ダイカー亜科の哺乳類の総称。17種が含まれる。体長50~140センチメートル 程度の小形のレイヨウ。解剖学的にレイヨウ類の中では最も原始的とされる。アフリカのサハラ砂漠より南に分布し、主として森林に生息する。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダイカー
だいかー
duiker

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科ダイカー属に含まれる動物の総称。この属Cephalophusのアンテロープは、サハラ砂漠以南のアフリカに広く分布し、多くは森林や深い茂みに生息する。体は小形であるが、体高30~85センチメートル、体重8~63キログラムと変化に富む。角(つの)は雌雄にあり、長さ3~9センチメートルでスパイク状。体色は黄土色、赤褐色から黒色までさまざまである。普通、単独かつがいで生活し、繁殖期以外でも縄張りをつくっているといわれる。草やつる草、低木の葉や小枝、果実をおもに食べ、ほかに昆虫や鳥などの動物質もとると思われる。性質は臆病(おくびょう)で警戒心が強く、おもに夜行性である。妊娠期間は120日ほどで、1産1子。子は1日たつと走れるようになる。寿命は9年前後。シマダイカーC. zebra、コシキダイカーC. sylvicultorなど14種ほどがあるが、ケープダイカーだけは別属とされ学名はSylvicapra grimmiaとされることが多く、生息地も深い森林でなくやぶ地である。そのためCephalophusをモリダイカー属、Sylvicapraをヤブダイカー属とすることもある。[今泉忠明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ダイカーの関連情報