コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイコン(大根) ダイコンRaphanus sativus var. raphanistroides

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダイコン(大根)
ダイコン
Raphanus sativus var. raphanistroides

アブラナ科の二年草。日常的な野菜の1つ。ヨーロッパ南部の原産とされ,中国を経て古い時代に日本に伝えられた。古名スズシロといい,春の七草の1つ。多数の変種,品種があるが,すべて一つの系統から出たものと考えられている。根出葉は羽状に深裂し粗毛がある。春に,茎が伸びて上部は分枝し,総状花序をなして十字形の淡紫色または白色の花をつける。おしべは6本で,そのなかの4本が長い。花糸基部蜜腺をもつ。果実は細長く,中に赤褐色の種子を含む。普通大根と呼ばれる部分の上部は茎で,中部以下が根であるが境界は明らかでない。海岸の砂地に生えるハマダイコンはダイコンが野生化したもので,世界各地に帰化している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ダイコン(大根)【ダイコン】

オオネ,スズシロとも。アブラナ科の一〜二年生野菜。中央アジア原産といわれるがまだ定説はない。根は多汁,多肉で大きく白色のものが多いが,紅,紫などのものもある。葉は束生し羽状複葉。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ダイコン【ダイコン(大根) Raphanus sativus L.】

アブラナ科の二年草(イラスト,イラスト)。古名をオオネ,スズシロ,カガミグサなどともいう。ダイコンの栽培は古くから行われており,エジプトでは古代に普及していた。ピラミッドの碑文にもピラミッド建設のときにタマネギやニンニクとともにハツカダイコンを労働者に食べさせたことが記されている。また,古代ギリシア・ローマ時代にも重んじられ,ローマ人によってヨーロッパに伝えられ,中世以後にゲルマン人やスラブ人によってさらに広範囲の地域に広められた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のダイコン(大根)の言及

【作物】より

…作物になった植物は,もともと特定の器官が一般の植物にくらべて形態的あるいは質的に発達のすぐれたものであったが,作物とされてからはことさらにそれが強調される方向に〈改良〉された。たとえば数十kgの果実をつけるカボチャとか,太い根のダイコンなど,特定の器官が巨大化され,植物として奇形的なものに変えられている。また種子の休眠性が失われるなど,植物としての本性のいくつかを失わされたり,環境への抵抗性や自衛手段などの一部,たとえば,のぎやとげ,あるいは体内に含んでいた毒物などがなくなってしまったものが多い。…

【聖天】より

…サンスクリット名のナンディケシバラNandikeśvaraの漢訳名を大聖歓喜天といい,その略称。歓喜天,天尊などともいう。仏教では聖天を〈しょうでん〉と読む。大自在天(シバ神)と烏摩妃(うまひ)の子の俄那鉢底(がなぱち)(大将の意)のことで,大自在天の軍勢の大将であった。また毘那夜迦(びなやか)(障害を除去する者)ともいわれる。もとは人々の事業を妨害する魔王であり,インド神話におけるガネーシャ神に相当する。…

【雑煮】より

…後者は関東に多く,切餅を焼いて用いる。餅に配する具は一定しないが,《諸国風俗問状答》に〈雑煮餅の事,菘,芋,大根,人参,田作など通例〉という屋代弘賢の質問が見られるように,江戸後期には青菜,サトイモ,ダイコン,ニンジン,ごまめなどが一般的なものであった。現在ではそのほかに豆腐,かまぼこ,エビ,鶏肉などがよく使われ,ブリやサケを用いる地方もある。…

【十日夜】より

…群馬,埼玉,山梨,長野県にかけて行われている名称。この日に長野県東筑摩では葉付きのダイコンと餅とを箕(み)に載せて,庭上に神を祭るところがある。埼玉県秩父では9日を亥子(いのこ)の日といい,11日に亥子餅を亥の神に供え,外では,男の子がわらの棒をもって土をたたいて遊ぶが,このときのはやし言葉に〈十日夜の御祝い〉というところがあり,十日夜は関西以西に分布する亥子の行事と同じで,田の神が田から家へ帰る日であった。…

※「ダイコン(大根)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ダイコン(大根)の関連キーワード大根役者

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android