コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十日夜 とおかんや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十日夜
とおかんや

秋の収穫を祝って,旧暦の 10月 10日に行われる行事。中部・関東地方で多くトオカンヤといい,西日本亥 (い) の子の行事に相当する。子供たちがわら鉄砲をつくり,それで地面をたたいて回り,もぐらよけのまじないとした。またこの日,田の神が山へ帰るとして,餅をついて祀る地方もある。8月の十五夜,9月の十三夜とこの 10月の十日夜の月を三月見といい,この日の晴曇によって翌年の豊凶を占う例もある。長野県の一部ではカカシアゲといって,田から案子 (かかし) をはずして家へ持ってきてまつる習俗がある。その他東日本ではこの日を大根の年取りといって,大根畑に入ったり,食べたりするのを禁忌とし,大根の割れる音を聞くと死ぬなどという地方もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とおか‐や〔とをか‐〕【十日夜】

とおかんや

とおかん‐や〔とをかん‐〕【十日夜】

陰暦10月10日の夕。東日本で、稲刈りを終わって、田の神が山へ帰っていくのを送る行事をする。西日本の亥(い)の子の祝と同じ趣旨のもので、収穫祭の一種といわれる。とおかや。 冬》「―星殖(ふ)え子らに藁鉄砲/林火

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

十日夜【とおかんや】

亥子(いのこ)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とおかんや【十日夜】

旧暦10月10日に行われる稲の収穫祭のこと。群馬,埼玉,山梨,長野県にかけて行われている名称。この日に長野県東筑摩では葉付きのダイコンと餅とを箕(み)に載せて,庭上に神を祭るところがある。埼玉県秩父では9日を亥子(いのこ)の日といい,11日に亥子餅を亥の神に供え,外では,男の子がわらの棒をもって土をたたいて遊ぶが,このときのはやし言葉に〈十日夜の御祝い〉というところがあり,十日夜は関西以西に分布する亥子の行事と同じで,田の神が田から家へ帰る日であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とおかや【十日夜】

とおかんや【十日夜】

〔「とおかのよる」の意〕
陰暦10月10日の夜。また、関東・中部地方でその日に行われる刈り上げの行事。田の神が山に帰る日とされ、案山子かかし上げをしたり、子供が藁束わらたばで地面をたたいて回ったりする。西日本の亥の子の行事に対応する。とおかや。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十日夜
とおかんや

旧暦10月10日に行われる刈上げ行事で、「刈上げ十日」などともいわれる。北関東を中心に甲信越から東北地方南部にかけて広く分布し、西日本の刈上げ行事である亥(い)の子(こ)と対応している。稲の収穫を感謝し、翌年の豊穣(ほうじょう)を祈って餅(もち)やぼた餅を田の神に献じる点では各地共通しているが、長野県のように田からかかしをあげ、内庭に祀(まつ)って供え物をしたり、群馬・埼玉県などのように子供が集団で各家を訪れ、モグラの害を除去しようとの意で藁(わら)鉄砲(藁を束ねたもの)などで地面をたたいて歩くなど、土地ごとの特徴もみられる。十五夜と同じく月に供え物をする所や、大根の年取りと称してダイコン畑に入るのを忌む所もある。田の神送りの日だとし、2月10日前後の田の神降ろしと一対のものとみなしている所も、福島県を中心にしてみられる。また、藁鉄砲打ちの唱え言や月への供え物などから、この行事には畑作祈願の要素も認めうるとされている。[田中宣一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の十日夜の言及

【亥子】より

…秋の収穫祭である。関東地方では10月10日の十日夜(とおかんや)がこれにあたる。正月11日の仕事始や旧暦2月亥日などに田へ出た田の神が1年間の仕事を終えて帰るといい,家では新米の餅12個を枡に入れ米蔵の俵へ供えてまつる(但馬,佐渡)。…

【案山子】より

…かかしを田の神の依代としてまつる民俗例もある。長野県下では旧10月10日の十日夜(とおかんや)の行事に,カカシアゲまたはソメノ年取リといい,かかしに蓑笠を着せて箒・熊手を両手に持たせ,餅や二股大根を供えてこれをまつる。同県諏訪地方ではこの日はかかしの神が天に上がる日といい,同じく南安曇地方ではかかしが田の守りを終えて山の神になる日だとの伝承がある。…

【ダイコン(大根)】より

…また大根畑に七夕飾りの竹や桃の枝をさしておくと虫がつかないという所も多い。東日本では,十日夜(とおかんや)を〈大根の年取り〉といい,この日に餅をつく音やわら鉄砲の音で大根は太るといい,大根の太る音を聞くと死ぬといって大根畑へ行くことや大根を食べるのを禁じている所もある。西日本では10月の亥子(いのこ)に同様の伝承があり,この日に大根畑へいくと大根が腐る,太らない,裂け目ができる,疫病神がつくといい,また大根の太る音や割れる音を聞くと死ぬともいう。…

【田の神】より

…祭日も農耕の段階に応じて春秋に分布し,とくに田植時に盛んにまつられ,秋は稲の刈上げにまつられる。〈さなぶり〉〈さのぼり〉〈さおり〉〈さんばい降(おろ)し〉などは前者の例であり,西日本から太平洋沿岸を千葉,茨城,埼玉の一部にわたって分布する亥子(いのこ)や関東北西部から甲信越地方に分布する十日夜(とおかんや)は後者の代表的なものである。田の神の石像が南九州に限って分布するのが注目される。…

【モグラ(土竜)】より

…西日本で亥子(いのこ)といって十月亥の日に餅をついて農神に供え,子どもたちが円形の石に縄をかけて多くの枝縄をつけ,歌をうたいながらこの縄を同時に引いて石をもち上げては落とし,これで地を打ってモグラをおどすのはモグラの跳梁(ちようりよう)を防ぐ呪法の儀礼化である。東日本では10月10日を十日夜(とおかんや)と呼んでわら束を固く巻いて子どもたちがその一端をもって地面をたたいてまわり,あるいはモグラ打ち,わら鉄砲などといって土を打つ音を高く響かせるのも同様の意味をもっている。【千葉 徳爾】
[西洋]
 モグラは西洋では盲目の象徴であり,アリストテレスも獣のうち視覚を欠いている唯一の例と《動物誌》に特記している。…

※「十日夜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

十日夜の関連キーワード年中行事(ねんじゅうぎょうじ)亥の子の祝い・亥の子の祝延年[毛越寺]亥の子の祝田の神送りまじない農耕儀礼中部地方モグラ供え物子供組藁鉄砲秋祭

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十日夜の関連情報