コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダル・エス・サラーム ダルエスサラーム

百科事典マイペディアの解説

ダル・エス・サラーム

タンザニアの実質的な首都。名称はアラビア語で〈平和の家〉の意。同国東部,インド洋岸の貿易港。サイザル麻,コーヒー,綿花,ダイヤモンドを輸出。タンガニーカ湖岸のキゴマ,ビクトリア湖岸ムワンザ,およびザンビアの銅山地帯へのタンザン鉄道の起点。政府諸機関,大学(1963年創立),博物館がある。現在の市の起源は17世紀で,1884年ドイツに,1916年英国に占領された。1961年タンガニーカ独立とともに首都となった。1974年に同国中央部のドドマDodomaに遷都が計画され,公式にはドドマが首都になっているが,政府機能の多くはダル・エス・サラームに残っている。436万4541人(2012)。
→関連項目タンザニアドドマ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ダル・エス・サラームの関連キーワードザンジバル島のストーンロバート シャーヴァン・ビンドイツ東アフリカ会社マジ・マジの反乱シャーバンタボラ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android