コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダンゴウオ Lethotremus awae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダンゴウオ
Lethotremus awae

カサゴ目ダンゴウオ科の海水魚全長 3cm内外。体はほとんど球形で,尾部のみが側扁する。頭は大きくは短い。眼は大きい。頭の側面の 3対の感覚孔は管状を呈し,長く伸びてひげのように見える。腹鰭は合一して吸盤状になっている。体色変異に富むが,普通一様に淡褐色である。静岡県下田から千葉県小湊,新潟県佐渡,中国のイエンタイ煙台)に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダンゴウオ
だんごうお / 団子魚
lumpfish

硬骨魚綱カサゴ目ダンゴウオ科の魚類の総称、またはそのなかの1種。日本海、オホーツク海、北太平洋、北大西洋および北極海などに広く分布する寒海性の魚類で、世界から40種ほど、日本では日本海の全域と神奈川県以北からイボダンゴウオ、コンペイトウ、フウセンウオ、ホテイウオなどおよそ10種が知られている。体は球形または楕円(だえん)形で、普通大小の円錐(えんすい)形のこぶ状突起で覆われている。口は著しく小さい。鰓孔(さいこう)は小さく、胸びれの前に開く。腹びれは合一して吸盤になっている。全長30センチメートル以下である。
 和名ダンゴウオcoast lumpfish/Lethotremus awaeは、日本では佐渡、伊豆半島下田から千葉県小湊(こみなと)までと、中国の山東半島に分離して分布する暖海性の種である。体がほとんど球形に近い。皮膚は円滑で、こぶ状の突起がない。鰓蓋(さいがい)から下顎(かがく)にかけて3個の管状突起が並ぶ。体色は褐色、赤色、緑色など変化に富む。小形種で体長3センチメートルぐらいにしかならない。水深200メートル以浅にすむ。晩冬から早春に沿岸近くで産卵する。体長18ミリメートルの雌は卵径1.4ミリメートルの熟卵を200個余りもつ。姿と動きのかわいらしさから水族館で観賞魚として展示する。[尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ダンゴウオの関連キーワードダンゴウオ(団子魚)ランプフィッシュ金米糖団子魚布袋魚

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ダンゴウオの関連情報