コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダントルカストー諸島 ダントルカストーしょとう D'Entrecasteaux Islands

3件 の用語解説(ダントルカストー諸島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダントルカストー諸島
ダントルカストーしょとう
D'Entrecasteaux Islands

パプアニューギニアのミルンベイ県に属する島群。ニューギニア島の南東端から約 40km沖合いのソロモン海にある。おもな島はグッドイナフ島,ファーガソン島,ノーマンビー島。島々には多くの入江と堡礁環礁がみられ,山がちで火山がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ダントルカストー‐しょとう〔‐シヨタウ〕【ダントルカストー諸島】

D'Entrecasteaux Islands》パプアニューギニア、ニューギニア島東部のソロモン海に浮かぶ諸島。名称はフランスの航海家ダントルカストーに由来する。グッディナフ島、ファーガソン島、ノーマンビー島などの島々からなる。ココヤシヤムイモタロイモの栽培が盛ん。中心地はノーマンビー島のエアサラ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダントルカストー諸島
だんとるかすとーしょとう
D'Entrecasteaux Islands

パプア・ニューギニア、ニューギニア島南東端に近い火山島群。面積3142平方キロメートル、人口4万0742(1980)。北西から南東方向に、グッディナフ、ファーガソン、ノーマンビーの三主要島が連なる。中心地はノーマンビー島のエサアラEsa'ala。伝統的作物としてヤムイモ、タロイモなど、商品作物としてココヤシなどを栽培している。島名は1793年に来航したフランス人航海者ダントルカストーに由来。[谷内 達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダントルカストー諸島の関連キーワードD-D 反応IS バランスIS-LM 分析欺しのD過ビタミンDビタミンD過剰Askiyā Isḥāq IIGóis,D.deShamsu'd-Dīn Iltūtmish

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone