コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダージリン ダージリン Darjeeling

翻訳|Darjeeling

7件 の用語解説(ダージリンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダージリン
ダージリン
Darjeeling

インド北東部,ウェストベンガル州北部の都市。ダージリン県の行政庁所在地コルカタ (カルカッタ) の北約 500kmに位置。ヒマラヤ山脈の前山の尾根上,標高 2290mにあるため夏は涼しく (7月の平均気温 16.1℃) ,適度の降水もあり,カンチェンジュンガエベレストなどの秀峰を望むインド東部最大の避暑地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ダージリン(Darjeeling)

インド東部、西ベンガル州保養都市ヒマラヤ山脈南麓の標高約2050メートルの高地に位置する。英国統治時代に避暑地として開発され、英国風の街並みが残っている。茶の名産地。平野部とを結ぶダージリン‐ヒマラヤ鉄道はアジア最古の登山鉄道であり、1999年に世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ダージリン

インド東部,西ベンガル州北東隅,シッキムに近接する都市。ヒマラヤ山脈南麓,標高約2100mに位置する避暑・観光地。カンチェンジュンガ山を望む展望台があり,ヒマラヤ探検基地でもある(1881年開通のダージリン〜ヒマラヤ鉄道は1999年世界文化遺産に登録)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ダージリン【Darjeeling】

インド北東部,西ベンガル州最北端の避暑地。人口7万3000(1991)。地名はチベット語のドルジェ・リンDorge Ling(〈雷電の土地〉の意)に由来する。シッキム・ヒマラヤ南麓の標高約2100mにある。1835年イギリス東インド会社がシッキム王より買収,在印イギリス軍の療養地として開発し,インド独立まで旧ベンガル州の夏の州都であった。麓のシリグリから〈おもちゃの汽車〉とよばれる小さな登山鉄道で達する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ダージリン【Darjeeling】

◇ インド北東部、ヒマラヤ山脈の南麓にある保養都市。海抜2100メートルに位置する高原避暑地。茶の産地として知られる。
で産する紅茶の銘柄。香りが高いのが特徴で高級品とされる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飲み物がわかる辞典の解説

ダージリン【Darjeeling】


紅茶の銘柄の一つで、インド北東部ヒマラヤ山麓のダージリン地方に産するもの。甘い香りがあり「紅茶のシャンパン」と称される。代表的な高級銘柄で、スリランカ産のウバ、中国産のキーマンと並び、世界三大銘茶の一つに数えられる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダージリン
だーじりん
Darjeeling

インド北東部、西ベンガル州北部の観光・保養都市。ネパール・ヒマラヤ山脈南東麓(ろく)の標高2248メートルに位置する。人口10万7530(2001)。地名はチベット語で「雷の町」を意味する。イギリス人が開いた避暑地で、ダージリン紅茶の産地として有名。快晴の日にはカンチェンジュンガ山(8586メートル)やエベレスト山(8848メートル)などのヒマラヤ山脈を望むことができるインド屈指の景勝地である。春と秋が観光シーズンで、夏は雨が多い。市内にはイギリス領時代の町並みが残り、ホテル、レストラン、市場など観光客相手の施設が軒を並べ、ロイド植物園、自然史博物館、ヒンドゥー教のディルダム寺院などがある。また、この町の市場は後背地としてネパールやチベットなどをもち、国際的な定期市の機能を果たしている。主要産品として紅茶のほかにカルダモン(コーヒーの香味に似た香辛料)、チンチョーラ(傷口の治療などに使われる薬草)、キニーネなどがある。南方11キロメートルにあるタイガー・ヒルはヒマラヤ山脈の展望台として有名。交通は、コルカタ(カルカッタ)から空路55分のバグドグラBagdograよりバスまたはタクシーで行くか、コルカタから鉄道でシリグリSiliguriまで行き、そこから狭軌の登山鉄道に乗る方法などがある。[米田 巌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダージリンの関連キーワードガウルスリナガルチャンダンナガルベンガル文学避暑地ベンガルール西ベンガルカイタイア西ベンガル[州]ファラッカ・ダム

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ダージリンの関連情報