コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェスタートン Chesterton, Gilbert Keith

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェスタートン
Chesterton, Gilbert Keith

[生]1874.5.29. ロンドン
[没]1936.6.14. バッキンガム,ベコンズフィールド
イギリスの批評家,小説家。 H.ベロックと並ぶ,当代のカトリシズムの代表者。セント・ポール校を経てスレード美術学校で絵を,ロンドンのユニバーシティ・カレッジで文学を学んだのち,ジャーナリズムに入り,ユーモアに富んだ逆説や警句を駆使して,広い範囲にわたって健筆をふるい,G.B.ショー,H.G.ウェルズらと論争した。社会批評の領域では,土地再配分論の立場で『現世の欠点』 What's Wrong with the World (1910) を書き,文学批評の面では,『ブラウニング論』 Robert Browning (03) ,『ディケンズ論』 Charles Dickens (06) ,『ビクトリア朝文学論』 The Victorian Age in Literature (13) がある。また「進歩」思想に痛撃を加えた『正統とは何か』 Orthodoxy (09) を書き,1922年カトリックに改宗,『アシジの聖フランシスコ』 St. Francis of Assisi (23) ,『永遠の人間』 The Everlasting Man (25) ,『聖トマス・アクィナス』 St. Thomas Aquinas (33) を著わした。その他,小説『ノッティング・ヒルのナポレオン』 The Napoleon of Notting Hill (04) ,短編集『木曜日の男』 The Man Who Was Thursday (08) ,「ブラウン神父」が活躍する一連の推理小説 (11~35) ,詩,『自伝』 (36) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

チェスタートン

英国の作家,評論家。逆説とウィットに富む文体で近代文明をきびしく批判し,カトリック復興と伝統主義を主張した。評論《ディケンズ論》,小説《ノッティング・ヒルのナポレオン》《木曜日の男》などが代表作
→関連項目小酒井不木

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チェスタートン【Gilbert Keith Chesterton】

1874‐1936
イギリスの作家,詩人,文人批評家。ロンドン生れ。不動産仲買人の子。セント・ポール私立中学を経て,ロンドン大学に学ぶ。友人E.H.ウィリアムズの主宰する出版社の《ブックマン》誌の書評子として20歳ごろからジャーナリズムに登場,その後も種々の雑誌でジャーナリストとして活躍するとともに,20世紀初頭には親友J.H.ベロックと政治の腐敗をつく雑誌《新証言》を創刊,カトリシズム今日性を強く主張するとともに,社会主義に反対し,所有の集中を擁護した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

チェスタートン【Gilbert Keith Chesterton】

1874~1936) イギリスの作家。小説・随筆・批評・詩などに広く活躍。1922年聖公会からローマ-カトリック教会に転じ、理性と信仰の調和を重んじた。また、ブラウン神父を探偵役とする推理小説でも知られる。代表作、詩集「白馬の歌」、評伝「ディケンズ」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チェスタートン
ちぇすたーとん
Gilbert Keith Chesterton
(1874―1936)

イギリスの作家。20世紀初頭のエドワード王朝期に、小説、随筆、評論、詩、劇などの各分野に健筆を振るい、その著作は生涯に100冊を超えた。1922年ローマ・カトリックに改宗。ベロックと並ぶカトリックの文筆指導者として、ショーやウェルズらと論戦を交わしたが、よき友人でもあった。彼の信仰表白は『アッシジの聖フランシス』(1922)、『永遠の人』(1925)、『聖トマス・アクィナス』(1933)などに詳しい。これとは別に、カトリック司祭の素人(しろうと)名探偵を主人公にした推理小説の連作、たとえば『ブラウン神父の無実』(1911)などで人気を博した。詩集には『白馬のバラッド』(1911)があり、評論ではブラウニング、ディケンズらビクトリア朝文学者に関するもの、とくに『文学におけるビクトリア朝』(1913)が著名。[川崎寿彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のチェスタートンの言及

【透明人間】より

…決定版といえるのは人間の生理機能を逆利用したもので,ニーブンL.Niven《地球からの贈物》(1968)の主人公は,人間の瞳孔が注視のときには開き,そうでないときには閉じるという生理メカニズムを利用し,超能力で瞳孔を強制的に絞らせることによって,相手に対し不可視となる。また推理小説ではチェスタートンが《見えない男》(1911)で,犯人が郵便配達夫だったために目撃者の心理的盲点に入ってしまうという設定を考案している。【柴野 拓美】。…

※「チェスタートン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チェスタートンの関連キーワードキリスト教文学カトリック教会チェスタトンアルカディアニューマンディケンズエッセイ漂う提督川崎寿彦コバーン評伝詩集白馬理性

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チェスタートンの関連情報