コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小酒井不木 こさかい ふぼく

美術人名辞典の解説

小酒井不木

名光次。医学者、作家。東大医卆。東北大学助教授。法医学学識を基に探偵小説を作る。昭和4年(1929)歿、36才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

小酒井不木【こざかいふぼく】

医学者,小説家。愛知県生れ。本名光次。1914年東京帝大医学部卒。森下雨村の勧めで《新青年》に〈犯罪文学研究〉などの論考を発表したのをきっかけに,海外の探偵小説の翻訳(チェスタートンの《紅雀の樹》など),創作(《恋愛曲線》)も行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小酒井不木 こざかい-ふぼく

1890-1929 大正-昭和時代前期の医学者,小説家。
明治23年10月8日生まれ。病気のため大正11年東北帝大教授を退職。郷里の名古屋で犯罪の研究や海外探偵小説を翻訳し,「恋愛曲線」などの探偵小説もかいた。昭和4年4月1日死去。40歳。東京帝大卒。本名は光次。作品はほかに「人工心臓」「疑問の黒枠」など。
【格言など】三日生きたい。ほんとうは三年生きたい(最期の言葉)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小酒井不木
こざかいふぼく

[生]1890.10.8. 愛知,蟹江
[没]1929.4.1. 名古屋
推理小説家,医学者。本名,光次。 1914年東京大学医学部卒業。東北大学教授 (1920) となったが病気のため退職,随筆『学者気質』 (21) で注目された。以後医学的研究の解説に海外推理小説を多く引用して,日本の推理小説に影響を与えた。みずからも『恋愛曲線』 (26) ,『疑問の黒枠』 (27) ,『闘争』 (29) などを書き,科学に立脚した本格推理小説の発展に寄与した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小酒井不木
こざかいふぼく
(1890―1929)

推理作家。本名光治(みつじ)。愛知県生まれ。東京帝国大学医学部卒業。東北帝国大学医学部助教授となったが、海外留学中に健康を害し1923年(大正12)退職。25年から『新青年』を舞台に推理小説、翻訳、評論などを通じて推理小説の普及に貢献した。精神病理学の論争を主題にした『闘争』『恋愛曲線』、長編『疑問の黒枠』などのほか、『毒及毒殺の研究』『犯罪文学研究』などの評論がある。[厚木 淳]
『『日本探偵小説全集1 黒岩涙香・小酒井不木・甲賀三郎集』(創元推理文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

小酒井不木の関連キーワード新青年(日本)小酒井 不木10月8日

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android