コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェッカー チェッカー checkers

7件 の用語解説(チェッカーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェッカー
チェッカー
checkers

2人で対戦する盤上ゲームの一種。約 4000年の歴史をもつといわれ,エジプトスフィンクスの出土品にその原形がみられる。現在世界各地で多くの変形ルールがみられ,いずれが正統であるか考証できないが,1948年に創設された世界チェッカー連盟は 10× 10路盤と白黒各 20個の駒を使う「ポーランドチェッカー」を国際ルールとして統一し,世界選手権を行なっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

チェッカー(checker)

赤・黒12個ずつの丸い駒を、市松模様の盤上に並べ、交互に動かして相手の駒を飛び越えて取り合うゲーム。西洋碁。
チェック2」に同じ。
チェッカーフラッグ」の略。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

チェッカー

2人で行う室内遊戯チェスと同じ盤に円形の駒を白黒各12個並べ,斜め前に1目ずつ進ませるが,自駒の進路直前に敵駒があれば,これを飛び越して敵駒を取る。敵駒を全部取るか,敵を手づまりにしたら勝ち。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

とっさの日本語便利帳の解説

チェッカー

レジの専門要員、レジ店員。スーパーなどで買い上げ商品の点検と代金の受け取りをする。近年はバーコードを読み取るだけで情報が入力されるPOSレジの導入が進んだため、高速レジ打ちの名人芸を見られる場も減少。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

チェッカー【checkers】

2人で行うボードゲーム。チェッカーはアメリカの呼び名で,イギリスではドラフツdraughtsフランスではジュ・ドゥ・ダームjeu de dames(婦人の遊び)という。その歴史は古く,16世紀にはほぼ現在のルールに近いゲームが完成していた。ゲーム盤と駒の数は国によって違うが(たとえばポーランド・チェッカーは10×10の升目,駒数は20個),英米タイプともいうべき標準型は8×8の升目が市松模様になっていて,チェス盤と同じである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

チェッカー【checkers; chequers】

ゲームの一。八行八列の市松模様の盤の上に、赤・黒各一二個の丸い駒を相対して並べ、斜め前に一つずつ進み、相手の駒を飛び越して取り合うもの。
チェック に同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チェッカー
ちぇっかー
checkers

2人で行う盤上競技の一種。日本の挟み将棋にやや似ている。起源は古く、紀元前数千年のエジプトに原型があったといわれ、ホメロスの『オデュッセイア』にも記述がある。
 多くの国に同系のゲームが存在するためルールの統一が困難で、いちおう国際ルール(ポーランドなどで行われていて、10×10の広い盤を使う)があるが、ここではイギリス、アメリカ、日本で広く行われているチェッカー(イギリスではドラフツdraughtsという)を解説する。基本的なルールには大差はないので、これを知ることで同類をマスターするのは容易である。[東 公平]

用具と競技方法

盤は8×8の正方形で、64枡(ます)。濃淡の市松(いちまつ)模様(「チェス」の項参照)。右手前に白枡がくるように置き、黒枡だけを使う。駒(こま)は赤と黒各12個で平たい円筒形(図A)。黒が先手で1手ずつ交互に動かし、相手の駒を全部取ったほうの勝ち。引き分けもある。
〔1〕駒の動かし方 斜め前に1歩ずつ、前進だけ。相手陣のいちばん奥に入るとキングに成り、後退もできるようになる。
〔2〕駒の取り方 斜め隣に相手の駒があり、その向こうが空所であれば、飛び越えてこれを取る(図B(1)の右)。何個でも連続して取れる(図B(1)の左では1手で3個取れる)。取れる駒はかならず取らねばならない。取る手が二つ以上あれば任意の駒を取るが、数多く取れる場合はそのほうを選ばねばならない(図B(2)では左の2個を取る)。キングに成ると駒を2個重ねて表示する。キングに成ったときは、次に後退して取れる駒があっても、いったん停止せねばならない(図B(2)で一度に3個取ることはできない)。[東 公平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チェッカーの関連キーワードアーケードゲームスペルチェッカーボードゲームチェッカーフラッグホームゲームロードゲームアウェーゲームセルチェッカーバーコードゲームデータチェッカー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チェッカーの関連情報