コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チクロ

百科事典マイペディアの解説

チクロ

サイクラミン酸(シクロヘキシルスルファミン酸)のナトリウム塩,カルシウム塩の通称。合成甘味料の一種。無色〜白色の結晶または結晶性粉末で,水に可溶,砂糖の30〜50倍の甘味をもち,熱に安定。
→関連項目合成甘味料

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チクロ

シクロヘキシルスルファミン酸ナトリウムsodium cyclohexylsulfamateあるいはサイクラミン酸ナトリウムsodium cyclamateとも呼ばれる。合成甘味料の一種で,ショ糖の約30倍の甘みをもつ。酸性下でとくに甘みが強くなるので(ショ糖の約50倍),ジュースなど果実を使った加工食品の甘みの増強用としてよく用いられた。しかし,1969年にアメリカで行われた実験動物による試験で,発癌性の疑いがもたれたため,日本では同年に使用禁止となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

チクロ

人工甘味料の一。甘さは砂糖の約30倍。発癌はつがん性の疑いがあるとして1969年食品への使用は禁止された。サイクラミン酸ナトリウム。シクロヘキシルスルファミン酸ナトリウム。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のチクロの言及

【合成甘味料】より

…化学構造と甘味との関係は古くから研究されているが,アルデヒド基-CHO,オキシム基-CH=NOH,ハロゲン基,アミノ基-NH2,スルホ基-SO3H,トリアジン核,スルホアミノ基-SO2NH2,水酸基-OHをもった化合物がおおむね甘味が強い。しかし,現在までに開発された合成甘味料はサッカリン,ズルチン,チクロ(サイクラミン酸ナトリウム),アスパルテームなど数少ない。さらに,ズルチンとチクロはその安全性に疑いが生じ,それぞれ1968年,69年に日本では使用が禁止されている。…

※「チクロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チクロの関連キーワードシクロヘキシルスルファミン酸ナトリウムアルチョム ベショールイサイクロン(集塵装置)ハチミツとクローバーpinch openpinch inマルチサイクロンホロコースト樫山 欽四郎ベショールイブラックバスシクラミン酸粉末ジュースシャスラー内田亜希子ピンチイン紀平 正美抗血小板剤消費者運動ドロイゼン

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android