チコリー(英語表記)chicory

翻訳|chicory

百科事典マイペディアの解説

チコリー

キクニガナとも。キク科の多年生野菜。高さ60〜150cm。ヨーロッパ〜中央アジアの原産という。葉は互生し羽状複葉で多毛。淡紅〜白・青色の頭花をつける。食用にするのは紡錘形に結球した軟白の根出葉で,独特の苦味があり,おもにサラダとして賞味される。初夏に播種し秋に伏せ込む。近似種にエンダイブがある。
→関連項目西洋野菜

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チコリー【chicory】

葉や根を利用するキク科の深根性多年草。キクニガナともいう。野生型のものはヨーロッパからシベリア北アフリカに広く分布するが,ヨーロッパで栽培化された。日本へは江戸時代末期に導入されたが,一般化したのは近年になってからである。多肉の根から羽状に切れ込んださじ形の根生葉を広げ,春に高さ1m以上の花茎を出し,まばらに分枝し開花する。頭花は直径4cm以上となり明るい青色であるが,品種によって白,淡紅色のものもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

チコリー【chicory】

キク科の多年草。ヨーロッパ・アフリカなどの温帯に分布。茎は直立し、高さ約80センチメートル。葉は根生し、また茎に互生する。地中で軟白させた若い葉や芽をサラダなどに用いる。また、根をコーヒーの代用として増量に用いる品種もある。フランス名が「アンディーブ(endive)」のため、しばしばエンダイブと混同される。キクニガナ。チコリ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チコリー
ちこりー
chicory
[学]Cichorium intybus L.

キク科の多年草。和名キクニガナ。原産はヨーロッパ、北アフリカ、中央アジア地域。根は太い直根で、早春に狭長で先のとがった根出葉を出す。茎は夏にとう立ちして高さ1~2メートルになり、上部に数本の花枝をつける。花枝には葉はない。花は径3センチメートルほどのタンポポに似た形で、色は青紫、淡紅、白色など品種によって変異がある。茎葉や根を傷つけると白い乳液が出る。ヨーロッパでは葉や根を利用するため、かなり古くから栽培されているが、栽培・利用が多いフランスで栽培が始まったのは17世紀ころであるといわれている。日本へは江戸末ごろに導入されたが、栽培は少ない。
 春に種子を播(ま)き、株を養成し、秋に掘り上げて密に植え込み、鋸(のこ)くずなどを厚くかけて早春の芽生えを軟白させ、軟らかい葉をサラダ用にする。根は煮食する。また根を刻んで乾燥させ、炒(い)って粉にしてコーヒーに混入し、苦味をつけるとともに、芳醇(ほうじゅん)な風味を出させる。根の主成分はイヌリンである。[星川清親]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チコリーの関連情報