チダイ(血鯛)(読み)チダイ(英語表記)Evynnis japonica

世界大百科事典 第2版の解説

チダイ【チダイ(血鯛) Evynnis japonica】

スズキ目タイ科の海産魚(イラスト)。マダイにたいへんよく似ているため,マダイの代用品とされたり,区別されないことも多いが,チダイは尾びれの後縁が黒く縁取られていないことで区別できる。また,えらぶたの縁が血がついたように赤くなっている。全長45cmに達する。日本各地,朝鮮半島,東シナ海に分布しているが,南方に多い。地方名も多く,壱岐,対馬でヒダイ,高知県,新潟県でコダイと呼ばれる。また,雄の成魚では前額部が突出してくるので東京都でオオッパナ銚子ハナダイと呼ばれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のチダイ(血鯛)の言及

【タイ(鯛)】より

…しかし,長期間いけすで飼育したものでは体色が黒っぽくなり価格が下がるため,甲殻類を与えて赤みを出すなどの努力もはらわれている。
[タイ類]
 日本産タイ類にはマダイのほか,チダイ(イラスト),クロダイ(イラスト),キダイ(イラスト),ヘダイ(イラスト),ヒレコダイ(イラスト)など10種が知られている。いずれも沿岸性の海産魚で,水産上重要種が多い。…

※「チダイ(血鯛)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android