コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コダイ

3件 の用語解説(コダイの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

コダイ

ハンガリーの作曲家,民族音楽学者,教育家。幼少期から鉄道官吏の父とともにハンガリー各地に移り住み,多様な音楽文化に接する。ブタペストのリスト音楽院に学び,1905年ハンガリー民謡の収集を開始。
→関連項目印象主義オラトリオシュタルケルダルシマートゥビンドラティ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コダイ【Kodály Zoltán】

1882‐1967
ハンガリーの作曲家,民族音楽学者,音楽教育家。1900年ブダペストのウトボシュ・ローラント大学に入学,哲学科に籍を置くかたわら,02年からリスト音楽院で作曲をリストの弟子であったJ.ケスラーに師事する。05年から同僚のバルトークと共に始めたハンガリー民謡の研究と,07年のパリ旅行でのドビュッシーの音楽との出会いは,彼の作風に大きく影響する。特にハンガリー民謡は,当時のハンガリー・オーストリア二重帝国下における,政治的・文化的抑圧に抗する民族主義者コダイにとって,民族一体化の拠りどころであり,また彼の創作の直接的な素材でもあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コダイ
こだい / 小鯛

硬骨魚綱スズキ目タイ科のキダイの地方名で、主として高知、宮崎、鹿児島県地方での呼び名である。このほかに、タイ科のチダイの幼魚をさす地方もある。また、イサキ科のコショウダイの高知、宮崎県地方の呼び名でもある。[赤崎正人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のコダイの言及

【チダイ(血鯛)】より

…日本各地,朝鮮半島,東シナ海に分布しているが,南方に多い。地方名も多く,壱岐,対馬でヒダイ,高知県,新潟県でコダイと呼ばれる。また,雄の成魚では前額部が突出してくるので東京都でオオッパナ,銚子でハナダイと呼ばれる。…

【音楽教育】より

音楽学校【山住 正己】。。…

【ハーリ・ヤーノシュ】より

…【小沢 俊夫】。。…

【バルトーク】より

…【谷本 一之】。。…

【ハンガリー】より

…【家田 修】。。…

※「コダイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コダイの関連情報