コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チチブコウモリ チチブコウモリBarbastella leucomelas; Eastern barbastelle

2件 の用語解説(チチブコウモリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チチブコウモリ
Barbastella leucomelas; Eastern barbastelle

翼手目ヒナコウモリ科。体長5~6cm,前腕長 3.5~4cm。鼻先は幅広く,耳介も大きく幅広く,左右の耳の内側は頭の上でぴったりと合わさっている。体色は黒褐色で,毛先が光沢のあるクリーム色。大群をつくらず,単独または数頭で生活している。地上 1.5~5m付近をジグザグに飛びながら昆虫類を捕食する。小アジア,インド,インドシナ地方,日本では北海道,本州に分布し,森林や洞窟,岩の割れ目などにすむ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チチブコウモリ
ちちぶこうもり / 秩父蝙蝠
eastern barbastelle
[学]Barbastella leucomelas darjelingensis

哺乳(ほにゅう)綱翼手目ヒナコウモリ科の動物。中央アジアからインド北部、インドシナ半島、中国西部に分布し、日本では北海道と本州の森林、洞窟(どうくつ)などに生息する。1883年(明治16)に初めて埼玉県の秩父(ちちぶ)でとれたため、この和名がある。静岡、東京などで計3頭捕獲されてから、長い間記録がなかったが、1958年(昭和33)から北海道、東北地方、秩父などで捕獲されている。前腕長40ミリメートル、頭胴長50ミリメートル、体重10グラム前後。耳介は幅広くて大きく、その基部は結合し、耳珠(じしゅ)は三角形。吻(ふん)は幅広く、両側に毛を密生した腺(せん)状の隆起がある。体毛は上下面とも黒褐色で、霜降り状を呈する。普通単独ですむが、夏は小群で生活する。日中は洞窟、樹洞、岩の割れ目、ときに建造物などに潜み、夕刻飛び出す。虫食性で、高空を敏速に飛翔(ひしょう)しながらガなどの昆虫を捕食する。1産1子。東北地方では6月末から7月上旬にかけて出産する。[吉行瑞子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone