コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャイルド チャイルドChild, Charles Manning

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャイルド
Child, Charles Manning

[生]1869.2.2. ミシガンイプシランティ
[没]1954.12.19. カリフォルニア,パロアルト
アメリカの動物学者。シカゴ大学で研究 (1895~1934) 。 1916年以後は同大学教授。ナミウズムシ (プラナリア) やヒドラは,これを細かく刻んでも,それぞれの組織片から個体の再生してくることが知られていたが,彼は再生に方向性のあること,すなわち,組織片の両端のうちで頭部に近かったほうの端から頭が,尾部寄りの側の端より尾が再生することを見つけた。この観察事実を説明するために,個体の軸に沿って頭から尾に向うある種の勾配が存在すると仮定し,個体を小片に切分けても個々の組織片の中でこの勾配は保存され,器官の分化する位置を決定するという理論を発表。勾配の実体として,チャイルド化学物質濃度勾配を考えていた。今日,これは生理勾配の名で呼ばれ,発生学における基本概念の一つになっている。 30~31年ロックフェラー派遣教授として来日,東北大学で講義を行なった。

チャイルド
Child, Francis James

[生]1825.2.1. ボストン
[没]1896.9.11. ボストン
アメリカの英文学者,教育家。 1846年ハーバード大学卒業。主著『イングランドおよびスコットランドにおける民謡集成』 The English and Scottish Popular Ballads (5巻,1883~98) のほか,チョーサー研究でも著名。

チャイルド
Child, Sir Josiah

[生]1630. ロンドン
[没]1699.6.22. ロンドン?
イギリスの商人,経済学者。清教徒革命による共和国時代に海軍御用商人として財をなし,イギリス東インド会社の大株主となり,同社に入り理事 (1677) ,副総裁を経て,1681年総裁。専制的手腕で同社の実権を握った。一方,『貿易および貨幣利子論』 Brief Observations Concerning Trade and the Interest of Money (68) ,『新貿易論』A New Discourse of Trade (90) で重商主義を説いた。

チャイルド
Child, Lydia Maria

[生]1802.2.11. マサチューセッツ,メドフォード
[没]1880.10.20. マサチューセッツ,ウェーランド
アメリカの女流作家,社会改革家。旧姓 Francis。長編『ホボモク』 Hobomok (1824) などの歴史小説のほか,1826年アメリカで最初の児童向け月刊誌『児童雑誌』 Juvenile Miscellanyを創刊。また奴隷制反対の『アフリカ人といわれるアメリカ人のためのアピール』 An Appeal in Favor of That Class of Americans Called Africans (33) は大きな反響を呼んだ。ほかに女性問題を扱った論文がある。

チャイルド
Childe, Vere Gordon

[生]1892.4.14. シドニー
[没]1957.10.9. マウントビクトリア
オーストラリアの考古学者。エディンバラ大学先史考古学教授 (1927~46) ,ロンドン大学考古学研究所所長を歴任。農耕の起源,都市の発生などについて独特の史観を完成。主著『ヨーロッパ文明の夜明け』 The Dawn of the European Civilization (25) ,『人間はみずからを作った』 Man Makes Himself (36) ,『歴史に何が起ったか』 What Happend in History (42) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

チャイルド(child)

子供。児童。「チャイルドシート」→チルドレン

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

チャイルド

英国の考古学者。オーストラリアのシドニー生れ。新石器革命を提唱。これは新石器時代に農耕と家畜飼養の開始をみたが,その結果もたらされた人口増加と技術の進歩は社会的余剰を生み,それは都市文明の発生を導いたとするもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チャイルド【Josiah Child】

1630‐99
イギリスの貿易商人,重商主義経済学者。ロンドンで商人の子として生まれ,ポーツマスで食糧商として産をなし,同市市長に選ばれ,その後下院議員となる。1673年東インド会社の理事,81年に総裁に就任,長年にわたり〈東インド会社の独裁者〉として強力な指導力を発揮した。主著《新交易論A New Discourse of Trade》(1693)は,匿名の書《貿易および貨幣利子に関する概説》(1665執筆,68刊)を加筆改題した同じ匿名の書《交易論》(1690)に,著者名を明記して発表したものである。

チャイルド【Vere Gordon Childe】

1892‐1957
イギリスで活躍したオーストラリア生れの先史学者。進化論的解釈を基調とする多くの著作を通じて,20世紀の世界の考古学界に多大の影響を与えたばかりでなく,考古学の研究成果の普及にも重要な役割を果たした。日本でも《文明の起源》《歴史学入門》《歴史のあけぼの》《考古学の方法》《考古学とは何か》などが翻訳されている。シドニーに生まれ,シドニー大学を卒業後オックスフォード大学で〈インドヨーロッパ考古学〉を研究題目として,考古学者A.エバンズおよびJ.L.マイルズの指導をうけて人文(古典)学部を卒業した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

チャイルド【child】

子供。

チャイルド【Vere Gordon Childe】

1892~1957) イギリスの考古学者。オーストラリアの生まれ。ヨーロッパ・西アジアの遺跡を調査し、生産技術の変遷を主軸に先史文化・古代文明の再構成と総合的研究を行なった。主著「ヨーロッパ文明の曙」「文明の起源」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のチャイルドの言及

【重商主義】より

…こうした歴史的経過のなかで先の総括的貿易バランス論は,対フランスとの競争段階への移行につれて,独占会社の貿易の〈自由〉を主張する〈トーリー党の自由貿易論〉に成長していった。J.チャイルド,C.ダベナント,N.バーボン,D.ノースなどがその代表者である。他面,こうした自由貿易論の見地は,17世紀の70,80年代に始まる東インド産綿布とイギリス産毛織物との競争関係をめぐる〈キャリコ論争〉を契機にして,ウィッグ党的な国内産業保護主義との対立を表面化させるに至った。…

【考古学】より

…20世紀の初頭は,19世紀に確立した考古学の方法を駆使して調査が拡大していった時期である。それらの調査によって充実したデータを駆使し,1925年以降V.G.チャイルドは,オリエントこそが周囲にさきがけて生産経済への転換をなしとげた文化の中心地であると説き,ヨーロッパ先史時代の歴史をオリエントに発する波状の文化伝播の過程と見なす壮大な総括を行った。チャイルドの枠組みは60年代まで生命を保っていたが,1946年にリビーが創始した放射性炭素による年代測定法(炭素14法)が普及するにつれて,チャイルド説の基礎をなしていた年代観が動揺し始め,それを契機として,文化中心地域からの伝播よりも,各地域での発展を重視すべきであるという批判が起こった。…

【新石器時代】より

…また,精巧な作りの打製石器が新石器時代を特色づけるだけでなく,ナイフ,鏃,鎌として,青銅器時代に入っても重用されていたことも判明した。こうして上記3種の転換のうち,地質学的・石器製作技術史的区分ではなく,経済史的区分をもって新石器時代を定義づけることが,イギリスのV.G.チャイルドによって提唱された(1936)。彼によると,先行する旧石器時代,中石器時代が食料採集経済段階であるのに対して,新石器時代は自給自足の食料生産経済段階に属しており,この産業革命に優るとも劣らない大きな飛躍は,〈新石器革命neolithic revolution〉の名に値する。…

【文明】より


[文明と都市]
 文明の発展に対して都市の果たした役割は大きい。V.G.チャイルドは都市が文明の基本的な要素であることを力説し,新石器時代の農耕文化から文明への推移を〈都市革命〉と呼んだ。そして,都市は文明を表示するだけでなく文明をつくりだすものだという考え方が生まれた。…

※「チャイルド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チャイルドの関連キーワード藩学一覧女性参政権チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)実業之日本グラント紅海ゴルトンパーレットハウスホーファービニョン

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チャイルドの関連情報