コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャコ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャコ

洋裁用具の一つで,チョーク chalkの転訛した日本語布地つけに用いる。三角形四角形の平型状と鉛筆状のものがあり,各種の色がある。また,輸入品のろう分の多いものを,特にろうチャコといい,付着した印が取れにくいので,工業用立体裁断の印つけに用いる。

チャコ

グランチャコ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

チャコ(Chaco)

南アメリカのボリビア南部・パラグアイ西部・アルゼンチン北部にかけて広がる草原地帯。1932~35年にボリビア・パラグアイ間で領有をめぐり戦争が行われ、パラグアイが領土を広げた。グランチャコ。

チャコ

chalkから》洋裁で、裁断の目印をつけるのに用いるチョーク。白・赤・黄・青色などがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

チャコ

グラン・チャコ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チャコ【Chaco】

グラン・チャコGran Chacoともいい,南アメリカ大陸の中央部にある広大な平原。東はパラグアイ川,西はアンデス山麓に達する沖積平野で,ピルコマヨ川以北のチャコ・ボレアルと以南のアルゼンチン領チャコに大別される。前者はほとんど無人の地で,大部分がパラグアイ領,アンデス山麓の一部がボリビア領となっている。19世紀以来パラグアイとボリビアとがその領有をめぐって係争を続けてきたが,1920年代に油田が発見されたことから対立が一挙に激化し,1932‐35年には戦争(チャコ戦争)にまで発展した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

チャコ

〔チョーク(chalk)の転〕
洋裁で、布のしるし付けに使うチョーク。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

チャコの関連キーワードロバート・ウィリアム サービスカルロス・ラマス サーベドラコンセプシオン(パラグアイ)N.E. ノルデンシェルドスチムソン・ドクトリンプエブロ・ボニート遺跡プレシデンテアイェス県ハントゥイマンシースクハンティマンシイスク岡田理江(業務提携)太平洋戦争(南米)サアベドラ・ラマスサーベドラ・ラマスチャコ・ボレアルエスティガリビアコンセプシオン県フィラデルフィア亜熱帯季節風気候フエルテオリンポパラグアイ[川]

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チャコの関連情報