コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャタテムシ

3件 の用語解説(チャタテムシの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

チャタテムシ

 穀物や加工食品を食害する昆虫の一つ.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

チャタテムシ

チャタテムシ(噛虫(ごうちゅう))目の昆虫の総称。体は軟弱,翅は膜質。翅を欠く種類もある。不完全変態単為生殖をするものもあり,胎生種もある。雑食性。樹枝,樹葉,花,岩上,室内などに生活し,幼虫はしばしば群生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チャタテムシ
ちゃたてむし / 茶点虫
psocid

昆虫綱チャタテムシPsocopteraの昆虫の総称。チャタテムシ目は噛虫(ごうちゅう)類(目)ともいう。不完全変態昆虫の一グループで、体長10ミリメートル以下、1.5ミリメートルぐらいまでの小さい軟弱な虫。世界各地に分布し、1000種以上が知られている。
 体色は淡黄色のものから褐色や黒色のものまであり、赤色のものもまれにある。頭部前面の額後片が発達し、比較的小さい複眼は左右に広く離れ、その間に普通3個の単眼をもつ。口器はかむ型。触角は糸状で、体より長いのが普通である。前胸は小さく、中・後胸はよく発達している。はねは膜質で薄く、単純だが特徴ある翅脈(しみゃく)をもつ。はねに鱗片(りんぺん)を備えるものもある。後翅は前翅よりやや短い。また、一部の種類では、はねが退化したり、雌だけに退化したはねがあったり、世代によって、はねが退化するものもある。脚(あし)はいずれも細長く、(ふせつ)は2、3節である。
 この昆虫は普通、樹幹、樹枝、枯れ枝、葉裏、花中、岩上、鳥の巣などに好んですみ、しばしば群集していることもある。また、夜間灯火にくるものもある。食菌性または食藻性で、一部のものは家屋内にすみ、乾燥食品、書籍、動植物の標本などに取りつき、軟らかい部分を食害する。コチャタテTrogium pulsatoriumやカツブシチャタテLiposcelis entomophilusなどはこの屋内生息種で、はねが消失したり退化している特殊化した種である。どちらも世界共通種で、英語でbook liceとかdust liceとよばれる。スカシチャタテHemipsocus chloroticusのように屋内の障子などに止まり、シャシャシャと小さな音をたてる種は古くからよく知られ、その音が茶の湯の茶を点(た)てるときの音に似ているというところから、チャタテの名があるが、アズキアライ(小豆洗い)とか、ナキザミ(菜刻み)などと小妖怪(ようかい)に見立てた呼び方もあった。日本では約50種が知られ、前記の種のほか、大形種のオオチャタテPsococerastis nubilaが代表種である。[山崎柄根]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チャタテムシの関連キーワードチャタヌーガチャタム甲虫茶立て茶立て女忡忡ちゅうちゅう茶立虫無翅昆虫カクムネヒラタムシ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チャタテムシの関連情報