コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャールダーシュ

百科事典マイペディアの解説

チャールダーシュ

ハンガリーの民族舞踊およびその音楽。居酒屋で農民の娘たちが踊っていたものと信じられていたが,ベンクハイム伯が民俗的要素を用いて作ったとされる。1840年代初めに社交界の舞踏会で紹介された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チャールダーシュ
ちゃーるだーしゅ
csrds

ハンガリーの民族舞踊。村の居酒屋を意味するチャールダcsrdaが語源で、村娘が居酒屋で日曜の午後に踊るものと誤って考えられたことに由来する。単純な二拍子の舞曲だが、頻繁なシンコペーションによるアクセントのずれと、独特な終止和声を特徴とする。全体は、ゆっくりした導入部のラッシューlassと、速い主部のフリッシュfrissの対照的な二部分からなる。1835年ころの資料に初めて現れ、1850年代から80年代にかけて最盛期を迎えた。リストのピアノ曲(『ハンガリー狂詩曲』など)のほか、オペレッタやバレエにもよく用いられ、ヨハン・シュトラウス(ワルツ王)、カールマン、ドリーブ、チャイコフスキーなどの曲がよく知られている。[関根敏子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

チャールダーシュの関連キーワードエメリッチ カールマンハンガリー狂詩曲シオーフォクオペレッタハンガリーカールマンコロロマ

チャールダーシュの関連情報