コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョウジザクラ

2件 の用語解説(チョウジザクラの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

チョウジザクラ

本州,九州の山野にはえるバラ科の落葉小高木。若木には開出毛がある。葉は倒卵形でとがり,重鋸歯(きょし)をもち,基部は細くなって,やや短い柄がつく。春,花は葉と同時かわずかに早く開き,1〜3個が散形花序下向きにつき,径1.5〜2cm。
→関連項目サクラ(桜)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チョウジザクラ
ちょうじざくら / 丁子桜・丁字桜
[学]Prunus apetala Franch. et Sav.

バラ科の落葉小高木。葉は互生し、倒卵状楕円(だえん)形で長さ5~7センチメートル、先は尾状に長くとがり、縁(へり)に欠刻状の重鋸歯(きょし)があり、両面および葉柄に開出する密毛がある。4月ころ、葉の出る前に径約1.5センチメートルの小さな白色花を散形状に1~3個開く。花托(かたく)は筒形で長さ0.8~1センチメートル、萼片(がくへん)の2.5~3倍の長さがあり、花柄とともに短毛を密生する。花柱の下半部に開出毛がある。山地に生え、本州、九州の一部に分布する。青森県から北陸地方の日本海側に分布する変種オクチョウジザクラvar. pilosa Wilsonは、花は本種より大きくてやや紅色を帯び、普通は花柱に毛はない。名は、花が香料植物のチョウジに似ることによる。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のチョウジザクラの言及

【サクラ(桜)】より

…一般にサクラと総称しているものは,主として北半球の温帯と暖帯に分布しているバラ科サクラ属サクラ亜属の主として落葉性の樹木で,花がいっせいに開花して美しいものが多く,広く観賞されている。日本にはヤマザクラ,オオヤマザクラをはじめ,カスミザクラ,オオシマザクラ,マメザクラ,エドヒガン,チョウジザクラ,ミヤマザクラ,タカネザクラなど10種類ほどの自然種を基本として,変種や品種をあわせると約100ほどの種類が野生している。サクラ類の多くは陽樹で,しかも二次林を構成する生長の速い種が多いため,人家で栽植するにも好適であり,これらの野生種から多数の園芸品種が育成され,その数も200から300といわれる。…

【シラカバ(白樺)】より

…アズサとも呼ばれ,古代には弓の材とされたといわれる。【岡本 素治】
[カバの語源]
 カバの語は,カバノキ属の樹木を総称する場合と,チョウジザクラ,ウワミズザクラ,シラカバ,ウダイカンバなどの樹皮もしくはこれらの樹木をいう場合と2通りある。後者は古語の〈かには〉にあたるもので,古くはカバノキとサクラの仲間は,樹皮が似ているので混同されていたが,ともに曲物の材料とされた点は共通している。…

※「チョウジザクラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone