コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョウトンボ チョウトンボ Rhyothemis fuliginosa

3件 の用語解説(チョウトンボの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョウトンボ
チョウトンボ
Rhyothemis fuliginosa

トンボ目トンボ科。後翅長 36mm,腹長 22mm。体は黒色で青色光沢がある。腹部は細く短い。翅は黒色で紫色光沢があるが,普通前翅の結節の少し先からと後翅の縁紋から先が透明である。後翅は幅広い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

チョウトンボ【Rhyothemis fuliginosa】

トンボ目トンボ科の昆虫(イラスト)。中型黒色の種類で翅の幅が広く,先端を除いて全面黒藍色に光り,ひらひらとチョウのように舞う。青森県から種子島までの日本列島の平地の普通種であったが,近年は低地池沼の人為汚染のために著しく減少した。国外では朝鮮半島,中国中北部にも分布し,5~9月にわたって出現する。幼虫は体が短くて肢が長く,平地池沼に育つ。琉球諸島では沖縄本島以南の諸島にオキナワチョウトンボ見られる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チョウトンボ
ちょうとんぼ / 蝶蜻蛉
[学]Rhyothemis fuliginosa

昆虫綱トンボ目トンボ科に属する昆虫。体長約35ミリメートルで、腹長は短いがはねは黒藍(こくらん)色で長く、幅も広いのでチョウの舞うように飛ぶ。平地の池沼種で、本州、四国、九州、種子島(たねがしま)に産するが、朝鮮半島、中国中北部にも分布し、7~9月に出現する。国外では東南アジアに多くの別種を産し、沖縄以南にはオキナワチョウトンボがみられる。幼虫は平地の停水に育つ。日本産のチョウトンボは、農薬汚染で近年著しく減少した。[朝比奈正二郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チョウトンボの関連キーワード青糸蜻蛉早苗蜻蛉塩辛蜻蛉羽黒蜻蛉昔蜻蛉川蜻蛉腰明蜻蛉ミヤジマトンボムカシトンボ(昔蜻蛉)ヤマトンボ(山蜻蛉)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チョウトンボの関連情報