コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョウトンボ Rhyothemis fuliginosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョウトンボ
Rhyothemis fuliginosa

トンボ目トンボ科。後翅長 36mm,腹長 22mm。体は黒色で青色光沢がある。腹部は細く短い。翅は黒色で紫色光沢があるが,普通前翅の結節の少し先からと後翅の縁紋から先が透明である。後翅は幅広い。6~8月頃平地に産し,チョウのようにひらひらと舞う。本州,四国,九州,朝鮮および中国の中部と北部などに分布する。 (→トンボ類 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チョウトンボ【Rhyothemis fuliginosa】

トンボ目トンボ科の昆虫(イラスト)。中型黒色の種類で翅の幅が広く,先端を除いて全面黒藍色に光り,ひらひらとチョウのように舞う。青森県から種子島までの日本列島の平地の普通種であったが,近年は低地池沼の人為汚染のために著しく減少した。国外では朝鮮半島,中国中北部にも分布し,5~9月にわたって出現する。幼虫は体が短くて肢が長く,平地池沼に育つ。琉球諸島では沖縄本島以南の諸島にオキナワチョウトンボが見られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チョウトンボ
ちょうとんぼ / 蝶蜻蛉
[学]Rhyothemis fuliginosa

昆虫綱トンボ目トンボ科に属する昆虫。体長約35ミリメートルで、腹長は短いがはねは黒藍(こくらん)色で長く、幅も広いのでチョウの舞うように飛ぶ。平地の池沼種で、本州、四国、九州、種子島(たねがしま)に産するが、朝鮮半島、中国中北部にも分布し、7~9月に出現する。国外では東南アジアに多くの別種を産し、沖縄以南にはオキナワチョウトンボがみられる。幼虫は平地の停水に育つ。日本産のチョウトンボは、農薬汚染で近年著しく減少した。[朝比奈正二郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

チョウトンボの関連キーワードビンナガマグロ朝比奈正二郎作手[村]鹿久居島ビンナガ五色台体節尾瀬

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チョウトンボの関連情報