コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チンダル John Tyndall

百科事典マイペディアの解説

チンダル

ティンダル

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

チンダル【William Tyndale】

1491頃~1536) イギリスの聖書翻訳者。1525年最初の英訳新約聖書をケルンで刊行したが、異端とされて火刑死。のちの宗教改革・欽定訳聖書に大きな影響を与えた。

チンダル【John Tyndall】

1820~1893) イギリスの物理学者。チンダル現象を研究。また、アルプスの氷河の観測を行なった。科学的啓蒙家・登山家としても知られる。著「アルプスの氷河」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チンダル

ティンダル」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チンダル
ちんだる
John Tyndall
(1820―1893)

イギリスの物理学者。アイルランドのカーロー州リーランブリッジに生まれ、マンチェスターの鉄道会社に勤めた。1847年新設のクイーンウッド大学で数学を教えた。翌1848年ドイツのマールブルク大学に入学、物理学・化学などを学び、1850年卒業し、1年間べルリン大学に学んだ。その後帰国して、1853年にはファラデーの後を継いで王立研究所自然科学教授となり、1887年までその地位にあった。「チンダル現象」とよばれる、微粒子による散乱光の研究で知られるほか、音波の透過に及ぼす大気密度の影響など、音響学に関する研究がある。熱現象については分子運動論的解釈の立場をとり、J・R・マイヤーの論文を英訳、紹介するなどした。ファラデーの伝記を書き、また王立研究所での通俗講演は名講義として評判をよぶなど、科学啓蒙(けいもう)に貢献した。著名な登山家でもあり、著書『アルプス紀行』『アルプスの氷河』などもある。[藤村 淳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

チンダルの関連キーワードマイヤー(Julius Robert von Mayer)パウエル(Cecil Frank Powell)シュテファン(Josef Stefan)ロイヤル・インスティチューションロード レーリーティンダル散乱光チンダル散乱光ティンダル効果ティンダル現象ワイスホルン山コロイド溶液クラウジウスジグモンディ欽定訳聖書イギリス宗教改革レイリーコロイド科学教育ケルン

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チンダルの関連情報