チンダル

大辞林 第三版の解説

チンダル【William Tyndale】

1491頃~1536) イギリスの聖書翻訳者。1525年最初の英訳新約聖書をケルンで刊行したが、異端とされて火刑死。のちの宗教改革・欽定訳聖書に大きな影響を与えた。

チンダル【John Tyndall】

1820~1893) イギリスの物理学者。チンダル現象を研究。また、アルプスの氷河の観測を行なった。科学的啓蒙家・登山家としても知られる。著「アルプスの氷河」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チンダル
ちんだる
John Tyndall
(1820―1893)

イギリスの物理学者。アイルランドのカーロー州リーランブリッジに生まれ、マンチェスターの鉄道会社に勤めた。1847年新設のクイーンウッド大学で数学を教えた。翌1848年ドイツのマールブルク大学に入学、物理学・化学などを学び、1850年卒業し、1年間べルリン大学に学んだ。その後帰国して、1853年にはファラデーの後を継いで王立研究所自然科学教授となり、1887年までその地位にあった。「チンダル現象」とよばれる、微粒子による散乱光の研究で知られるほか、音波の透過に及ぼす大気密度の影響など、音響学に関する研究がある。熱現象については分子運動論的解釈の立場をとり、J・R・マイヤーの論文を英訳、紹介するなどした。ファラデーの伝記を書き、また王立研究所での通俗講演は名講義として評判をよぶなど、科学啓蒙(けいもう)に貢献した。著名な登山家でもあり、著書『アルプス紀行』『アルプスの氷河』などもある。[藤村 淳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

チンダル

[一] (William Tyndale ウィリアム━) イギリス宗教改革者。聖書の権威を主張、新約聖書の翻訳をドイツで刊行。宗教裁判で異端とされ、死刑となった。一五三六年没。
[二] (John Tyndall ジョン━) イギリスの物理学者。結晶体の磁気的性質・音響などに関する研究がある。微粒子による散乱光の研究はチンダル現象として有名。(一八二〇‐九三

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android