コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チンダル(英語表記)John Tyndall

大辞林 第三版の解説

チンダル【William Tyndale】

1491頃~1536) イギリスの聖書翻訳者。1525年最初の英訳新約聖書をケルンで刊行したが、異端とされて火刑死。のちの宗教改革・欽定訳聖書に大きな影響を与えた。

チンダル【John Tyndall】

1820~1893) イギリスの物理学者。チンダル現象を研究。また、アルプスの氷河の観測を行なった。科学的啓蒙家・登山家としても知られる。著「アルプスの氷河」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チンダル
ちんだる
John Tyndall
(1820―1893)

イギリスの物理学者。アイルランドのカーロー州リーランブリッジに生まれ、マンチェスターの鉄道会社に勤めた。1847年新設のクイーンウッド大学で数学を教えた。翌1848年ドイツのマールブルク大学に入学、物理学・化学などを学び、1850年卒業し、1年間べルリン大学に学んだ。その後帰国して、1853年にはファラデーの後を継いで王立研究所自然科学教授となり、1887年までその地位にあった。「チンダル現象」とよばれる、微粒子による散乱光の研究で知られるほか、音波の透過に及ぼす大気密度の影響など、音響学に関する研究がある。熱現象については分子運動論的解釈の立場をとり、J・R・マイヤーの論文を英訳、紹介するなどした。ファラデーの伝記を書き、また王立研究所での通俗講演は名講義として評判をよぶなど、科学啓蒙(けいもう)に貢献した。著名な登山家でもあり、著書『アルプス紀行』『アルプスの氷河』などもある。[藤村 淳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android