コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツウォリキン

百科事典マイペディアの解説

ツウォリキン

ロシア生れの電子技術者。レニングラード工科大学で学び1919年渡米,1924年米国に帰化。1933年RCAにおいてアイコノスコープを発明し,従来の機械的走査方式に代わる電子式走査方式のテレビジョンを開発,テレビ技術に一大革新をもたらした。
→関連項目テレビジョン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ツウォリキン【Vladimir Kosma Zworykin】

1889‐1982
アメリカの電子工学者。テレビ撮像管〈アイコノスコープ〉を発明し,全電子式テレビを完成したことで名高い。ロシアのムーロムに商人の子として生まれた。ペトログラード(現在のレニングラード)工科大学で,ブラウン管を用いたテレビについてロージングB.Rosingの下で学んだ。1912年にパリのコレージュ・ド・フランスでP.ランジュバンの指導を受けてX線の研究に従事した。第1次世界大戦の勃発とともに帰国して,通信隊将校としてつとめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツウォリキン

ズボリキン」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツウォリキン
つうぉりきん
Vladimir Kosma Zworykin
(1889―1982)

アメリカの電子工学者。テレビ技術の開拓者。ロシアのムーロムに生まれる。ペトログラード(サンクト・ペテルブルグ)の工科大学で電子工学を学んだが、ここで、陰極線管(ブラウン管)が受信した画像の再生手段として応用できるという着想をもっていたロージングБорис Львович Розинг/Boris L'vovich Rozing(1869―1933)教授のテレビ研究に大きな関心をもった。1913年フランスに留学、パリのコレージュ・ド・フランスで物理学者ランジュバンの指導を受け、X線の研究を行った。第一次世界大戦時にはロシア陸軍の通信部隊に入り、無線通信の仕事に従事した。
 ロシア革命後の1919年、ツウォリキンはアメリカに渡り、翌1920年ウェスティングハウス社(現、CBS)の研究所に入り、テレビの研究に専念した。1924年アメリカの市民権を得た。当時、テレビの研究は日本の高柳健次郎はじめ世界各国の科学者が行っていたが、彼は1925年に蓄積型撮像方式を考案、1929年RCA社(1985年ゼネラル・エレクトリック社が買収)に移ってその改良を進め、1933年に今日のテレビの原理をほぼ満たし、実用になる撮像管を製造、「アイコノスコープ」と名づけた。同年RCA社はこの撮像管と陰極線管を用いて全電子式のテレビ型を完成した。そのほか、1925年にはカラーテレビの構想を明らかにしたり、高真空ブラウン管の開発に努めるなど、電子テレビの実用化と改良に尽力した。光電池や電子顕微鏡の研究もある。なお、1934年、高柳健次郎はツウォリキンをアメリカに訪ね交歓した。[山崎俊雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ツウォリキンの関連キーワードエレクトロニクス史(年表)テレビジョン(テレビ)テレビジョン史(年表)V.K. ズウォリキンエレクトロニクスズウォリキン光電子増倍管電気工学電子管

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android