コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツカツクリ Megapodiidae; megapodes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツカツクリ
Megapodiidae; megapodes

キジ目ツカツクリ科の鳥の総称。全長 30~76cm。シチメンチョウを小型にしたような体つきをした地上性の鳥で,脚が大きくて強い。羽色は暗褐色や黒色のものが多い。卵は穴を掘って中に埋め,体温ではなく火山の地熱や太陽など自然の熱を利用して温める。枯れ葉や枝を盛り上げて土で覆う大きな塚のようなものをつくり,その中に穴を掘って卵を埋める種もある。卵は葉が腐食するときに出る熱で温められる。孵化したは葉や砂などをかきわけてはい出るとすぐに独立し,飛ぶこともできる。密林にすみ,雑食性である。マリアナツカツクリ Megapodius laperouse,クサムラツカツクリ Leipoa ocellata,ヤブツカツクリ Alectura lathami などが知られており,オーストラリアニューギニアインドネシア,太平洋の熱帯の諸島に分布している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ツカツクリ

ツカツクリ科の鳥の総称。7属12種。ハトくらいのものからニワトリ大のものまである。一般に雌雄同色で,脚は大きくて強い。オーストラリアやニューギニア,熱帯太平洋の諸島に分布し,森林ややぶなどにすむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツカツクリ
つかつくり / 塚造
megapode

鳥綱キジ目ツカツクリ科に属する鳥の総称。この科Megapodiidaeの鳥は、オーストラリア、ニューギニア島、ボルネオ島、セレベス島、および南西太平洋の島々に分布し、12種がある。全長50~75センチメートル、全体に褐色や黒のじみな羽色をしている。この類の最大の特徴は、卵を自分で温めないことで、落ち葉や砂や火山灰の中に産み込み、それらがもつ熱で卵をかえすのである。もっとも手がこんでいるのはオーストラリアツカツクリLeipoa ocellataで、この鳥は、自分で掘った穴の中に落ち葉を埋め込み、その上のへこみに卵を産んだのち、さらに上に砂を厚くかぶせて大きな塚をつくる。卵は落ち葉の発酵熱で温められるが、塚内を33℃の一定温度に保っておくために、おもに雄が砂を取り除いたり、ふたたびかぶせたりする。この仕事を行うために、雄は毎日のようにこの塚を訪れてそばについている。この類の鳥は、明るい林から熱帯林にまですみ、キジ類のように地上を歩きながら昆虫やミミズや草の種子などをとって食べる。[樋口広芳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ツカツクリの関連キーワードスラウェシバラット州ツカツクリ(塚造)ニウアフォオウ島ゴロンタロ州ググアン島アギガン島巣(動物)烏帽子塚造国際保護鳥パプア亜区赤嘴塚造草叢塚造藪塚造離巣性就巣性東洋区抱卵塚造

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android