コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツカツクリ ツカツクリ Megapodiidae; megapodes

3件 の用語解説(ツカツクリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツカツクリ
ツカツクリ
Megapodiidae; megapodes

キジ目ツカツクリ科の鳥の総称。全長 30~76cm。シチメンチョウを小型にしたような体つきをした地上性の鳥で,脚が大きくて強い。羽色は暗褐色や黒色のものが多い。卵は穴を掘って中に埋め,体温ではなく火山の地熱や太陽など自然の熱を利用して温める。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ツカツクリ

ツカツクリ科の鳥の総称。7属12種。ハトくらいのものからニワトリ大のものまである。一般に雌雄同色で,脚は大きくて強い。オーストラリアニューギニア,熱帯太平洋の諸島に分布し,森林ややぶなどにすむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツカツクリ
つかつくり / 塚造
megapode

鳥綱キジ目ツカツクリ科に属する鳥の総称。この科Megapodiidaeの鳥は、オーストラリア、ニューギニア島ボルネオ島セレベス島、および南西太平洋の島々に分布し、12種がある。全長50~75センチメートル、全体に褐色や黒のじみな羽色をしている。この類の最大の特徴は、卵を自分で温めないことで、落ち葉や砂や火山灰の中に産み込み、それらがもつ熱で卵をかえすのである。もっとも手がこんでいるのはオーストラリアツカツクリLeipoa ocellataで、この鳥は、自分で掘った穴の中に落ち葉を埋め込み、その上のへこみに卵を産んだのち、さらに上に砂を厚くかぶせて大きな塚をつくる。卵は落ち葉の発酵熱で温められるが、塚内を33℃の一定温度に保っておくために、おもに雄が砂を取り除いたり、ふたたびかぶせたりする。この仕事を行うために、雄は毎日のようにこの塚を訪れてそばについている。この類の鳥は、明るい林から熱帯林にまですみ、キジ類のように地上を歩きながら昆虫やミミズや草の種子などをとって食べる。[樋口広芳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツカツクリの関連キーワード鰹鳥高麗雉五色鳥塚造庭師鳥山鶉烏帽子鳥爪羽鶏ツカツクリ(塚造)ヒバリ(雲雀)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone