コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツチスドリ Grallina cyanoleuca; magpie-lark

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツチスドリ
Grallina cyanoleuca; magpie-lark

スズメ目カササギヒタキ科。全長 26~30cm。かつてはツチスドリ科 Grallinidae (mudnest builder)に属していたが,ツチスドリ科は今日では消滅し,本種とヤマツチスドリ G. Bruijnii がツチスドリ属を構成している。雌雄とも羽色は黒と白のまだら模様。内陸の砂漠地帯やタスマニア島を除いてオーストラリアに広く分布するが,ニューギニア島南端や東ティモールにも生息する。開けた林や公園にすみ,おもに地上や倒木の上で昆虫類やその幼虫,カタツムリなどをとるほか,種子,漿果(→液果)なども食べる。巣は樹上に泥を主材としてつくり,ツチスドリの名もこの習性に由来する。オーストラリアでは都市の公園でよく見かける。さえずりは美しい。雌雄は生涯同じ相手とつがい,デュエットでさえずることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツチスドリ
つちすどり / 土巣鳥
mudnest-builder

広義には鳥綱スズメ目ツチスドリ科に属する鳥の総称で、狭義にはそのうちの1種をさす。この科Grallinidaeには4種があり、全長20~50センチメートル。泥を主材に椀(わん)形の大きな巣を大木の横枝上につくる。黒と白の小形の1種ヤマツチスドリGrallina bruijniがニューギニア島の山地の渓流に、ほかの3種はオーストラリアに分布し、疎林や農園の主として地上で昆虫などの小動物を食べる。
 種のツチスドリG. cyanoleucaは黒と白に大きく染め分けられた羽色で、一年中つがいで生活するが、若鳥は大きな群れをつくる。オオツチスドリCorcorax melanorhamphusは全身黒色で翼に大きな白斑(はくはん)があり、ハイイロツチスドリStruthidea cinereaは主としてねずみ色で尾が黒く翼は褐色。この2種は2羽から十数羽の小群で縄張り(テリトリー)をもって繁殖し、群れの全員で一つの巣をつくり、抱卵し育雛(いくすう)するが、産卵する雌は多くの場合一羽だけである。群れのメンバーは主としてその子と思われる。[浦本昌紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ツチスドリの関連キーワードツチスドリ(土巣鳥)灰色土巣鳥浦本昌紀大土巣鳥土巣鳥

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android