コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツノガイ ツノガイ Antalis weinkauffi

3件 の用語解説(ツノガイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツノガイ
ツノガイ
Antalis weinkauffi

軟体動物門掘足綱ツノガイ科。殻高 10cm,殻径 0.8cm。殻は管状で,背方へ弓状に湾曲しながら先端方向へ細くなる。殻口は丸い。殻表は黄橙色,殻頂のほうには細い縦肋が9本ほどあるが,殻口方向へ次第に弱くなり,殻口近くでは消失して平滑となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ツノガイ

ゾウゲツノガイ科の掘足(ほりあし)類。長さ10cm,幅0.7cm,細長くゆるやかに湾曲する。淡いだいだい色または白色。房総半島以南の水深30〜100mの細砂底にすむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツノガイ
つのがい / 角貝
tusk shelltooth shell

広義には軟体動物門掘足綱に属する貝の総称で、狭義にはそのうちの1種をさす。掘足綱Scaphopodaの仲間は、殻が管状で前方に太く、後方に向かって細まり、背方へ弓形に反っていることが多く、獣の角(つの)を思わせるので、普通、ツノガイ類と総称されることが多い。殻の色は多くは白色であるが、緑青色や黄色などを帯びる種類がある。殻表は平滑または縦肋(ろく)があり、そのため殻の断面や殻口は円形のほか四角から八角または多角形で、歯車状になるものもある。殻頂には切れ込みを生じるグループがある。軟体は外套(がいとう)膜が体を左右から包み、腹側で合して管状となるが、前後の両端は開く。頭部は吻(ふん)状に突出しているが目や触角はなく、先端に口がある。また、吻から多数の頭糸という紐(ひも)状の器官を出す。頭糸の先端は多少太く、吸盤状で感覚をつかさどり、また頭糸の背面は溝状になっていて、そこに生えている繊毛の運動により海底質中の有機物を口に運ぶ。口には軟体動物門特有のそしゃく器官である歯舌がある。本綱の歯舌は腹足綱のそれほど複雑ではないが、四辺形の中歯、縁歯、側歯をもち、体に比べて大きく強い。足は先端のほうへとがって周囲が刀の鐔(つば)状になり、海底の底質に足を突き入れてから、この鐔を支点にして体全体を引き込む。えらを欠き、外套の腹側に繊毛を生じ水肺となる。心臓など循環系も単純で、心耳や血管はない。肛門(こうもん)は体の腹側に開く。雌雄異体。
 この類は古生代デボン紀に出現し、すべて海産で、浅海から深海まですむ。砂泥中に体の前半を埋めて後端を出し、砂泥中の有孔虫や珪藻(けいそう)などを食べる。現生種は2科(ゾウゲツノガイ科、クチキレツノガイ科)約500種があり、潮間帯下から深海底に至るまで分布して、いずれも砂底や泥底にすむ。日本には約50種を産する。貝殻は貝細工に用いるが、アメリカ・インディアンは貨幣の材料に用いた。
 種のツノガイAntalis weinkauffiは、ゾウゲツノガイ科に属し、房総半島から九州まで分布し、水深30~100メートルの砂泥底にすむ。殻長100ミリメートル、殻口径8ミリメートルに達し、殻は背方へ弓形に湾曲し、黄橙(こうとう)色の個体と白色の個体がある。殻頂部には9本の縦肋があり、その間に細い肋もあるが、殻口に向かって弱くなり、ついには消失する。
 そのほか、日本産の大形種にはマルツノガイFissidentalium vernedeiがあり、殻長140ミリメートルに及ぶ。ヤカドツノガイParadentalium octangulatumは殻長60ミリメートルぐらいで、わが国ではもっとも普通種、各地の水深10メートルぐらいの砂泥底にすむ。名前は「八角(やかど)」であるが、6~9角形の変異がある。ゾウゲツノガイDentalium elephantinumはヤカドツノガイを大形にしたような種で、殻長100ミリメートルに及ぶが、わが国には産さずフィリピン以南に分布する。ニシキツノガイF. formosanumは殻長80ミリメートルで太く、丸みのある縦肋があるほか、暗紫紅色と白色ないし黄緑色の色帯がある。紀伊半島以南に分布する。相模(さがみ)湾以南のやや深い所にすむムチツノガイA. rhabdotumは殻長55ミリメートル、曲がり方が弱く、15本ぐらいの縦肋がある。クチキレツノガイSiphonodentalium isaotakiiは内湾の水深10メートルぐらいの泥底にすみ、殻高10ミリメートル、殻頂には3対の切れ込みがある。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツノガイの関連キーワード掘足類多板類頭足類軟体動物前鰓類角貝軟体類ツノガイ(角貝)掘足綱

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ツノガイの関連情報