コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツパイ ツパイTupaiidae; tree shrew

6件 の用語解説(ツパイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツパイ
ツパイ
Tupaiidae; tree shrew

霊長目ツパイ科の動物の総称。ツパイ属 Tupaia,エリオットツパイ属 Anathana,フィリピンツパイ属 Urogale,ピグミーツパイ属 Dendrogaleなどから成る。体長 20cm,尾長 15~20cm。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ツパイ(〈マレー〉tupai)

《リスの意》ツパイ目ツパイ科の哺乳類の総称。霊長目または食虫目に分類されることもある。体の大きさ・形や動作などがリスに似て、昆虫や果実などを食べる。東南アジアに分布し、オオツパイ・ハネオツパイコモンツパイなど20種近くが知られる。りすもどき

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ツパイ

ツパイ目ツパイ科の哺乳(ほにゅう)類の総称。古くは食虫目に含められたり,霊長目にされたりした。サル類はこのツパイに近い小動物から進化したと考えられている。体長,尾ともに20cmほど。
→関連項目サル(猿)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ツパイ【tupaia】

ツパイはマレー語でリスという意味であるが,その名が示すように,リスに似た半地上・半樹上性の小型哺乳類。キネズミともいう。1872年にT.H.ハクスリーが霊長類との類似性を指摘し,92年にカールソンが初めて霊長類の仲間として分類して以来,その系統上の位置については多くの説が提唱され,まだ統一をみるに至っていない。モグラジネズミなどと同じ食虫類に含めるとする説,もっとも原始的な霊長類(霊長目原猿亜目の1下目)であるとする説,独立したツパイ目を設けるべきだとする説などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ツパイ【tupai】

ツパイ目に属する哺乳ほにゆう類の総称。外形はリスに似ており、果実・昆虫などを食べ、樹上性または地上性。分類学上、霊長類あるいは食虫類とされたりしたが、現在では独立したグループとされる。東南アジアに分布。リスモドキ。
のうち、最も普通種のコモンツパイをさす。頭胴長約20センチメートル。インドシナからスマトラにかけて分布。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツパイ
つぱい
treeshrewtupaia

哺乳(ほにゅう)綱ツパイ目ツパイ科に属する動物の総称。別名キネズミまたはリスモドキ。この科Tupaiidaeの仲間は、ツパイ亜科Tupaiinaeとハネオツパイ亜科Ptilocercinaeに二分される。前者は昼行性か薄明薄暮性で、ツパイ属Tupaia、マドラスツパイ属Anathana、フィリピンツパイ属Urogale、ピグミーツパイ属Dendrogaleの4属を含み、後者はハネオツパイ属Ptilocercus1属のみで夜行性である。外見はネズミやリスに似た小動物で、古くは食虫目とみなされ、20世紀に入り霊長目に分類されるようになったが、1960年代後半以降、ツパイの系統上の位置の再検討が試みられた結果、食虫目に戻される傾向が強まった。その後、独立のツパイ目として扱われるようになった。いずれにしても、ツパイが食虫類と霊長類の中間的特徴を示していることは重要である。
 インドから中国南部、東南アジアにかけて生息し、科としての分布は北緯28度~南緯9度、東経72度~127度の範囲を覆う。鼻口部は長く突出し、四肢の指はすべて鉤(かぎ)づめをもつ。大きさは種ごとに異なるが、体重は50~250グラム、頭胴長10~24センチメートル、尾もほぼ同長で11~22センチメートルあり、多くの種ではふさふさしている。体毛は灰色ないし茶褐色で、暗色や赤みを帯びたり、黒い斑点(はんてん)や明るい縞(しま)模様をもつものもある。歯式は

で38本。上顎(じょうがく)大臼歯(だいきゅうし)の形態は食虫類的である。一方、眼窩(がんか)周囲の骨が発達し、前肢第1指が他の指から分離し、嗅覚(きゅうかく)器官が退化傾向をみせ、視覚がよく発達しているなどの特徴は霊長類的である。雑食性の半地上・半樹上生活者で敏捷(びんしょう)に動き、果実、昆虫、小形爬虫(はちゅう)類などを食べる。社会構造は不明の種が多いが、コモンツパイのように、同性間は対立的で、異性間では重複するような行動域を各個体がもち、単独行動・ペア型(ないしハレム型)繁殖システムが基本的と推定される。妊娠期間は41~50日で、1産1~3子、普通は2子を産む。[上原重男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ツパイの関連情報