ツルグミ(英語表記)Elaeagnus glabra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツルグミ
Elaeagnus glabra

グミ科の常緑低木。関東以南の暖地山地に生える。枝はつる状に伸びてとげがあり,葉は互生して,楕円形で質が厚く,裏面は褐色の星状毛におおわれる。秋の終り頃,葉腋に2,3個の下垂する白色花を束のようにつける。は筒状で上部は4裂する。果実翌年初夏に赤く熟し,長楕円形で赤褐色鱗片がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツルグミ
つるぐみ
[学]Elaeagnus glabra Thunb.

グミ科の常緑低木。枝は長く伸び、小枝は細く、円柱形で、不明瞭(ふめいりょう)な稜角(りょうかく)があり、濃赤褐色。葉は革質で卵状長楕円(ちょうだえん)形または長楕円形、先は鋭くとがり、表面は深緑色で光沢がなく、裏面は赤銅色。晩秋から初冬、葉腋(ようえき)に少数の花を開く。萼筒(がくとう)は円筒形で細く、わずかに四稜形を帯び、基部はしだいに細まって子房に移行する。萼片は筒部の約半分の長さである。花糸は萼筒の口に立ち、葯(やく)は花の外にある。果実は長楕円形で大きく、晩春から初夏に赤く熟し、細い柄で垂れ下がる。丘陵に多く生え、関東地方以西の本州から沖縄にかけて分布する。[籾山泰一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のツルグミの言及

【グミ】より

…苗代のころに実が熟すので,ナワシログミという。ツルグミE.glabra Thunb.は常緑のつる性低木で,枝は長く伸び,葉裏とともに赤褐色の鱗片におおわれる。アキグミE.umbellata Thunb.(英名autumn elaeagnus)は落葉低木で葉は細長く,葉裏,若枝は銀色。…

※「ツルグミ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android