コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツルシギ Tringa erythropus; spotted redshank

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツルシギ
Tringa erythropus; spotted redshank

チドリ目シギ科。全長 29~33cm。夏羽(→羽衣)は全身が黒いが,背や雨覆羽には白い斑が密にあり,腹面にも白斑が生じる個体もいる。眼輪も白い。脚は赤く,はほぼ黒いが,下嘴の基部がオレンジ色。冬羽は背面や胸が灰褐色で,腹,腰が白い。繁殖地はユーラシア大陸の北極圏で,ヨーロッパ北部からロシア北部のチュクチ半島西部に及ぶ。タイガの林縁からツンドラで営巣し,昆虫や巻貝,小魚,両生類などを食べる。繁殖を終えると,ヨーロッパ南部やサハラ砂漠を除くアフリカ中部,北部,中東からインドと,ミャンマーからマレー半島を回ってインドシナ半島中国南東部までのユーラシア大陸南部沿岸地方に渡る。日本には春秋の渡りの途中に立ち寄り,各地の干潟や河口に見られるが,春の方が多い。干潟などの減少により渡来数は減っている。「ちゅいっ,ちゅいっ」と鋭い声で鳴く。(→渉禽類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツルシギ
つるしぎ / 鶴鷸
spotted redshank
[学]Tringa erythropus

鳥綱チドリ目シギ科の鳥。ユーラシアの北部で繁殖し、冬は南方へ渡る。日本にはおもに旅鳥として渡来するが、まれに越冬の記録もある。全長約33センチメートル、嘴(くちばし)は細くて長く、足も長くて赤い。冬羽は上面が灰褐色で下面は白いが、夏羽では全体が煤(すす)けたような黒色になり、上面に白い斑紋(はんもん)ができる。日本に渡るシギの仲間では、春になるといちばん早く渡来し、2月下旬には姿をみせる。水田、干潟、入り江などの浅水中を活発に歩いて、貝やカニなど動物質の餌(えさ)をあさる。春に渡来する数は多いが、秋には少ない。チュイッと鋭く鳴く。[高野伸二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ツルシギの関連キーワード高野伸二渉禽

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android