ティレニア海(読み)ティレニアカイ

百科事典マイペディアの解説

ティレニア海【ティレニアかい】

西部地中海,イタリア半島,シチリア島,サルデーニャ島,コルシカ島に囲まれる海域。英語でTyrrhenian Sea。中心部は水深2000〜3000mの海盆で,最深部は3731m。ナポリ,カリアリ,パレルモなどの港がある。漁業が活発だが,資源の枯渇が問題化しはじめた。古来,地中海の最も重要な海上交通路であった。
→関連項目イタリア地中海

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ティレニアかい【ティレニア海 Tyrrhenian Sea】

古来,西部地中海のイタリア半島,シチリア,サルデーニャ,コルシカ3島に囲まれた部分がこの名で呼ばれてきた。この海の特色としては,大陸棚の発達があまり見られないこと,島嶼の数がトスカナ諸島,ナポリ湾のいくつかの島,およびリパリ諸島とに限られていて少ないことがあげられる。最深部は3731mに達する。この海域における漁業はかなり活発であるが,近年は漁業の機械化によって漁獲高は増大しているものの,資源の枯渇が問題になりはじめている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ティレニア海
てぃれにあかい
Mare Tirreno

地中海中央部の海域。イタリア語ではティッレーノ海といい、ティレニア海Tyrrhenian Seaは英語名。イタリア半島、コルシカ島、サルデーニャ島、シチリア島に囲まれる。面積約27万5000平方キロメートル。深い海盆をなし、ポンツァ島の南西沖で最高深度3758メートルに達する。塩分濃度は38と高い。イスキア島、ウスティカ島、エガディ諸島、カプリ島、トスカノ諸島、リポリ諸島などの島々がある。[堺 憲一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のティレニア海の言及

【地中海】より

…第四紀の一時期この部分は陸続きであった。西部は,バレアル海,リグリア海,ティレニア海などからなり,東部は,アドリア海,イオニア海,レバント海,エーゲ海などからなっている。地形形成が新しいこととも関連して,アドリア海を除いて,大陸棚の発達が貧弱であり,海岸平野の発達も非常に限られている。…

※「ティレニア海」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android