コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テオドルス1世 テオドルスいっせいTheodorus I Lascaris

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テオドルス1世
テオドルスいっせい
Theodorus I Lascaris

[生]?
[没]1222
ニカイア帝国皇帝 (在位 1204~22) 。 1204年4月 13日の第4次十字軍の首都コンスタンチノープル占領後,首都の貴族ラスカリス家のテオドルス小アジアニカイアに逃れ,ここにニカイア帝国を建て,初代の皇帝として即位。 11年にはルームスルタン軍を破り,14年小アジアのニムファイオンでラテン帝国と和平条約,19年にはベネチア共和国と友好条約を結び,小アジアでその地位を確立した。

テオドルス1世
テオドルスいっせい
Theodorus I

[生]?. エルサレム
[没]649.5.13. ローマ
エルサレム出身の第73代教皇(在位 642~649)。ギリシアの出自。教皇の職務のほとんどはキリスト単意説との闘いに捧げられた。単意説は,キリストには単一の意志しかないと主張する,ローマ教会にとっての異端で,東方教会では依然として勢力を保っていた。テオドルス1世コンスタンチノープル総大主教に就任したパウルスを教会法に基づいていないとの理由で承認せず,パウルスと前任者のピュロス1世が再び単意説を主張すると,648年にピュロス1世を破門,649年にはパウルスを解任した。厳格な人物であったが,貧しい者に寛容であったことが知られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

テオドルス1世の関連キーワードシンゴサリ王国貞応ザンギー朝レイモン7世民主党代表選のしくみ詠歌大概閑居友キラウエア山貞応承久