テトリル(読み)てとりる(英語表記)tetryl

日本大百科全書(ニッポニカ)「テトリル」の解説

テトリル
てとりる
tetryl

正しくはN-メチル-N,2,4,6-テトラニトロアニリンという。略称はCE(composition exploding)。純粋なものは白色固体であるが、光などにより黄色に変色しやすい。N,N-ジメチルアニリンの濃硫酸溶液を硝酸、硫酸の混酸で合成する。水には溶けず、エタノール、エーテルにも溶けにくいが、アセトンには溶ける。融解するとき分解する。TNT(トリニトロトルエン)より爆発力が大きく、衝撃に敏感である。伝導薬、雷管用添装薬として用いられる。硫化ナトリウムを作用させると水溶性の非爆発性物質となる。

[谷利陸平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「テトリル」の解説

テトリル

2,4,6−トリニトロフェニルメチルニトロアミンの慣用名。ジメチルアニリンのニトロ化,またはジニトロクロルベンゼンとメチルアミンから作ったメモルジニトロアニリンのニトロ化によって得られる淡黄色の結晶。やや鋭敏で爆発力の強い爆薬雷管では起爆できない鈍感な爆薬を爆発させるための伝爆薬として,または雷管の添装薬として用いられている。(図)
→関連項目雷管

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

化学辞典 第2版「テトリル」の解説

テトリル
テトリル
tetryl

N-methyl-N,2,4,6-tetranitroaniline.C7H5N5O8(287.15).ニトラミンともいう.モノあるいはジメチルアニリンを濃硫酸に溶かし,ついで硝酸でニトロ化分解してつくられる.淡黄色の柱状晶.融点129.5 ℃.1.57.180~190 ℃ で爆発する.λmax 225,300 nm(log ε 4.5,3.4).水,エーテル,クロロホルムに難溶,アセトン,ベンゼン,氷酢酸に可溶.強力な爆薬で感度も高い.伝爆薬または雷管の添装薬として用いられる.皮膚や粘膜を刺激する.[CAS 479-45-8]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典 第2版「テトリル」の解説

テトリル【tetryl】

2,4,6‐トリニトロフェニルメチルニトロアミンの慣用名。ほかに2,4,6‐トリニトロ‐N‐メチルアニリン,ピクリルメチルアミンテトリライトテトライトテトラリタなどの呼名もある。爆ごう()衝撃に対する起爆性がよいので,雷管の添装薬や他の爆薬を確実に起爆するための伝爆薬として用いられる。製造直後は無色の結晶であるが,光に当たると黄色となる。融点129.4℃,比重1.71での爆速は7850m/sで,TNT(トリニトロトルエン)より強力である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のテトリルの言及

【火薬】より

…ピクリン酸,トリニトロトルエン(TNT),ヘキサニトロスチルベン(HNS),ジアミノトリニトロベンゼン(DATB),トリアミノトリニトロベンゼン(TATB)などは芳香族ニトロ化合物として分類される爆薬で,おもな用途は軍用である。ニトロアミノ結合N-NO2をもつニトラミン系爆薬としてはシクロトリメチレントリニトラミン(RDX),シクロテトラメチレンテトラニトラミン(HMX),ニトログアニジンテトリルなどがある。いずれも軍用に用いられたが,現在ではRDXおよびHMXは砲弾の中につめる炸薬として,ニトログアニジンは発射薬の成分として,テトリルは雷管の添装薬として用いられている。…

※「テトリル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android