コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テトリル

百科事典マイペディアの解説

テトリル

2,4,6−トリニトロフェニルメチルニトロアミンの慣用名。ジメチルアニリンニトロ化,またはジニトロクロルベンゼンとメチルアミンから作ったメモルジニトロアニリンのニトロ化によって得られる淡黄色の結晶。
→関連項目雷管

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

テトリル【tetryl】

2,4,6‐トリニトロフェニルメチルニトロアミンの慣用名。ほかに2,4,6‐トリニトロ‐Nメチルアニリンピクリルメチルアミンテトリライトテトライトテトラリタなどの呼名もある。爆ごう(轟)衝撃に対する起爆性がよいので,雷管の添装薬や他の爆薬を確実に起爆するための伝爆薬として用いられる。製造直後は無色の結晶であるが,光に当たると黄色となる。融点129.4℃,比重1.71での爆速は7850m/sで,TNT(トリニトロトルエン)より強力である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テトリル
てとりる
tetryl

正しくはN-メチル-N,2,4,6-テトラニトロアニリンという。略称はCE(composition exploding)。純粋なものは白色固体であるが、光などにより黄色に変色しやすい。N,N-ジメチルアニリンの濃硫酸溶液を硝酸、硫酸の混酸で合成する。水には溶けず、エタノール、エーテルにも溶けにくいが、アセトンには溶ける。融解するとき分解する。TNT(トリニトロトルエン)より爆発力が大きく、衝撃に敏感である。伝導薬、雷管用添装薬として用いられる。硫化ナトリウムを作用させると水溶性の非爆発性物質となる。[谷利陸平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のテトリルの言及

【火薬】より

…ピクリン酸,トリニトロトルエン(TNT),ヘキサニトロスチルベン(HNS),ジアミノトリニトロベンゼン(DATB),トリアミノトリニトロベンゼン(TATB)などは芳香族ニトロ化合物として分類される爆薬で,おもな用途は軍用である。ニトロアミノ結合N-NO2をもつニトラミン系爆薬としてはシクロトリメチレントリニトラミン(RDX),シクロテトラメチレンテトラニトラミン(HMX),ニトログアニジンテトリルなどがある。いずれも軍用に用いられたが,現在ではRDXおよびHMXは砲弾の中につめる炸薬として,ニトログアニジンは発射薬の成分として,テトリルは雷管の添装薬として用いられている。…

※「テトリル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone