コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テル・ケル Tel quel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テル・ケル
Tel quel

フランスの前衛的文芸季刊誌。 1960年創刊。「あるがまま」の意。フィリップ・ソレルスを中心に編集されている。若いヌーボー・ロマンの作家たちと彼らが先駆者とみなす,ポンジュ,アルトーらの作品を紹介していたが,構造主義の文学論が現れるといちはやくそれを支持し,その紹介および発展に大きく寄与した。 62年頃から左翼的傾向を強め,中国の文化大革命に対する意見の相違から内部分裂し,71年6月フランス共産党の路線を修正主義とみなし,毛沢東主義の立場に立つことを明確にした。構造主義,マルクス主義フロイトの精神分析学を中心として最も先端的な活動を展開し,現代の文芸思潮に多大の影響を与えている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テル・ケル
てるける
Tel Quel

フランスの前衛季刊誌。1960年創刊。純文芸誌として出発したが、65年以降「文学/哲学/科学/政治」という副題が示すように総合評論誌として重要な役割を果たした。82年廃刊。ただしソレルスを長とする編集陣はドノエル社を経てガリマール社に移り、その活動は季刊誌『ランフィニ』L'Infiniに引き継がれた。マルクス、毛沢東(もうたくとう)、フロイト、ジョイスやアメリカ文明への関心など、一見矛盾する変貌(へんぼう)を重ねながら、『テル・ケル』は一貫して根源的問題提起を続けた。[岩崎 力]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

テル・ケルの関連キーワードシュポール/シュルファスフィリップ フォレストジュリア クリステヴァフィリップ ソレルスリトル・マガジンエクリチュールロートレアモンリカルドゥーサルドゥイチボードークリステバファイユ同人雑誌ジョイスコフマンロッシュプレネ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android