コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テレジオ テレジオ Telesio, Bernardino

4件 の用語解説(テレジオの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テレジオ
テレジオ
Telesio, Bernardino

[生]1509. コセンツァ
[没]1588.10. コセンツァ
イタリア自然哲学者。中世流のアリストテレス主義による自然観を排撃して経験論的立場に立つ自然学を主張し,近代自然観の先駆者の一人となった。パドバローマなどで学んだのち,ナポリに「アカデミア」を創設し,哲学,数学,自然科学などを教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

テレジオ(Bernardino Telesio)

[1508~1588]イタリアの哲学者。アリストテレス哲学に反対し、熱と冷という二つの原理によってあらゆる事柄を説明しようとした。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

テレジオ【Bernardino Telesio】

1509‐88
ルネサンス期イタリアの代表的自然哲学者。南イタリアコゼンツァに生まれたが,幼いときに故郷を後にしてナポリに移り,さらにベネチア,パドバで勉学の後,ベネディクト修道院で冥想生活をつづける。コゼンツァの大司教に推薦されたがこれを断り,同地のアカデミーに腰を落ちつけて研究活動に没頭した。主著《固有の原理からみた自然の本性について》(1565)は,スコラ的アリストテレス主義に対立して,感覚的経験にもとづく自然観を展開し,近代経験主義の先駆者となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テレジオ
てれじお
Bernardino Telesio
(1509―1588)

イタリア・ルネサンス期の哲学者。南イタリアのコゼンツァに生まれる。ミラノで叔父からラテン語ギリシア語を習い、ついでパドバで自然学、哲学、医学を学んで、1535年に学位を得る。その後徐々に自己の体系を築き、主著『その固有な原理からみた事物の本性について』を書く。1565年ローマで最初の2巻が、1586年ナポリで全6巻が出版された。
 自分以前に自然を研究したものは、その理論と自然所与との矛盾、理論相互間の対立からもわかるように、むだな時間と苦労を費やしたとみる。それは、哲学者たちが「世界の原理を理性で求めている」と自負しながら、「幻想で仕事をし、神の作品を変形している」からだとする。とくにアリストテレスに反対し、感覚に基づいて自然をありのままに追うだけで、人間の知はその任務の頂点に達することができると考える。感覚によれば、太陽その他の天体は熱をもち、土は冷を生むことから、「熱」と「冷」を第一の原理とし、土すなわち物質に内在するこの「熱」と「冷」という二つの原理によって、人間(認識、倫理)を含めたあらゆる事柄を説明しようとした。このような立場にたちながらも、キリスト教信仰に矛盾を感じることなく、精神的実体としての人間の魂や神の存在を認めた。この自然主義的な考え方は、ブルーノやカンパネッラなどの思想に大きな影響を与えた。[大谷啓治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テレジオの関連キーワードボッカチオマサッチオロッシカロリングルネサンスサンジェルマン清水純一イタリア・ルネサンス《イタリア・ルネサンスの文化》自然哲学者ルネサンス演劇

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

テレジオの関連情報