コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テレマックの冒険 テレマックのぼうけん Les Aventures de Télémaque

5件 の用語解説(テレマックの冒険の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テレマックの冒険
テレマックのぼうけん
Les Aventures de Télémaque

フランスの文人フランソア・ド・フェヌロンの小説。フェヌロンが傅育していたフランス王太子ブルゴーニュ公の教育のために書かれた古典風の教訓小説。著者の意に反して 1699年出版され,フランスでは発禁となり,オランダを中心に好評を博した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

テレマックのぼうけん【テレマックの冒険】

《原題、〈フランス〉Les Aventures de Télémaque》フランスの小説家フェヌロン長編小説。1699年刊。父オデュッセウスの行方を捜して諸国を巡るテレマックの冒険を描く。ルイ14世の孫のために書かれたもので、当時の専制政治を風刺。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

テレマックのぼうけん【テレマックの冒険 Les aventures de Télémaque】

フランスの思想家フェヌロンの教育小説。1699年刊。ルイ14世の孫で王太子のブルゴーニュ公の教育係として,教え子のために書いた,ホメロスの《オデュッセイア》に題材を仰いだ神話的物語。王子テレマック(テレマコス)が,師メントール(実は英知の女神ミネルブの化身)に導かれて,行方不明の父ユリス(オデュッセウス)を探し,辛苦を重ねたすえ,父と再会するという枠組み。教え子の王太子の古典的教養を深めるとともに,君主はどのように身を処し,国を治めるべきかという帝王学の伝授を目的としている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

テレマックのぼうけん【テレマックの冒険】

フェヌロンの小説。1699年刊。テレマックが父オデュッセウスを求めて諸国を遍歴する物語。ブルゴーニュ公の教育のために書かれたもので、政治・社会のあるべき姿が語られている。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テレマックの冒険
てれまっくのぼうけん
Les Aventures de Tlmaque

フランスの作家フェヌロンの長編小説。1699年刊。ホメロスの『オデュッセイア』第四編に想を得て書かれた。ユリシーズの息子テレマック(テレマコス)はさまざまな困難を克服しつつ父親を探し求める旅に出て、その冒険譚(たん)を語る。旅に随行するメントールは、テレマックを守護するため姿を変えた女神ミネルバにほかならないことが明らかになる。ブルゴーニュ公の教育のために書かれたものだが、フェヌロンはホメロスばかりでなく、ギリシアの詩人や歴史家の作に広く題材を求め、野心を戒め、戦争の悲惨を強調するなど、随所に政治道徳を盛り込んだ。ユートピアの黄金時代と称される18世紀には、フェヌロンのこの書は必読書として愛読され、ユートピストたちに影響を与えた。[植田祐次]
『朝倉剛訳『テレマックの冒険』全二巻(1969・現代思潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のテレマックの冒険の言及

【フェヌロン】より

…求めに応じて書かれた《女子教育論》(1687)は,女子が自然から授かった天性を伸ばすよう説いた,この時代では斬新な見解を述べたもの。89年ルイ14世の孫で王太子のブルゴーニュ公の師傅に任ぜられ,王太子のため《寓話》《死者たちの対話》,そして有名な《テレマックの冒険》を執筆した。93年アカデミー・フランセーズ会員に選出され,95年カンブレの大司教に任じられた。…

※「テレマックの冒険」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

テレマックの冒険の関連キーワードフェヌロンブーランビリエブレモンリオタールノマドロジー思想家自由思想家アラン・ドロンのゾロヴィ・ド・フランス堀尾輝久

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone