コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テワンテペク地峡 テワンテペクちきょう Istmo de Tehuantepec

4件 の用語解説(テワンテペク地峡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テワンテペク地峡
テワンテペクちきょう
Istmo de Tehuantepec

メキシコ南東部にある地峡部。北のメキシコ湾側のカンペチェ湾と,南の太平洋側のテワンテペク湾にはさまれた部分で,最狭部の幅は約 220km。南部には西の南マドレ山脈から続く幅広い高原状の山地があるが,北部は密林におおわれた低湿地となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

テワンテペク‐ちきょう〔‐チケフ〕【テワンテペク地峡】

Tehuantepecメキシコ南部、太平洋岸のサリナクルースとメキシコ湾岸のコアツァコアルコスとの間の地峡。幅220キロ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

テワンテペク地峡【テワンテペクちきょう】

中米,メキシコ南部の地峡。南は太平洋,北はメキシコ湾に面し,南北の幅約220km。パナマ運河開通以前,米国東部からカリフォルニア方面への交通路として盛んに利用され,熱帯低地を南北に横断する鉄道(1907年完成)が通じている。
→関連項目中央アメリカ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

テワンテペクちきょう【テワンテペク地峡 Istmo de Tehuantepec】

メキシコ南東部にある地峡で,太平洋とメキシコ湾を分けている。南の太平洋側のテワンテペク湾とメキシコ湾側のカンペチェ湾を南北に結んだ直線距離は,わずか200kmにすぎない。行政的には,北部はベラクルス州,南部はオアハカ州に属している。メキシコの国土を北西から南東に連なるシエラ・マドレ山脈は,ここで幅を狭めるだけでなく,高度が低くなり,標高250mの丘陵となっている。地峡付近はほとんどが熱帯低地であり,とくに北部はコアツアコアルコス川とウスパンパ川の流域で低湿地帯となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

テワンテペク地峡の関連キーワードメキシコメキシコ湾流メキシコ地震アメリカメキシコ戦争ニューメキシコメキシコ銀メキシカン風雲のメキシコメキシコ・セットメキシコのダンス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone