コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テワンテペク地峡 テワンテペクちきょうIstmo de Tehuantepec

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テワンテペク地峡
テワンテペクちきょう
Istmo de Tehuantepec

メキシコ南東部にある地峡部。北のメキシコ湾側のカンペチェ湾と,南の太平洋側のテワンテペク湾にはさまれた部分で,最狭部の幅は約 220km。南部には西の南マドレ山脈から続く幅広い高原状の山地があるが,北部は密林におおわれた低湿地となっている。古くから南北交通の要路であったが,運河建設地としては建設費があまりにも高価につくため退けられた。現在はカンペチェ湾岸のコアツァコアルコスとテワンテペク湾岸のサリナクルスの間に鉄道と道路が通じている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

テワンテペク‐ちきょう〔‐チケフ〕【テワンテペク地峡】

Tehuantepec》メキシコ南部、太平洋岸のサリナクルースとメキシコ湾岸のコアツァコアルコスとの間の地峡。幅220キロ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

テワンテペク地峡【テワンテペクちきょう】

中米,メキシコ南部の地峡。南は太平洋,北はメキシコ湾に面し,南北の幅約220km。パナマ運河開通以前,米国東部からカリフォルニア方面への交通路として盛んに利用され,熱帯低地を南北に横断する鉄道(1907年完成)が通じている。
→関連項目中央アメリカ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

テワンテペクちきょう【テワンテペク地峡 Istmo de Tehuantepec】

メキシコ南東部にある地峡で,太平洋とメキシコ湾を分けている。南の太平洋側のテワンテペク湾とメキシコ湾側のカンペチェ湾を南北に結んだ直線距離は,わずか200kmにすぎない。行政的には,北部はベラクルス州,南部はオアハカ州に属している。メキシコの国土を北西から南東に連なるシエラ・マドレ山脈は,ここで幅を狭めるだけでなく,高度が低くなり,標高250mの丘陵となっている。地峡付近はほとんどが熱帯低地であり,とくに北部はコアツアコアルコス川とウスパンパ川の流域で低湿地帯となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

テワンテペク地峡の関連キーワードシエラ・マドレ[山脈]シエラ・マドレ[山脈]ミナティトラン北アメリカフチタン

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android