テングサ(天草)(読み)テングサ(英語表記)Gelidium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テングサ(天草)
テングサ
Gelidium

紅藻類のテングサ目テングサ科の海藻。概して暖海の漸深帯の深部の岩上に着生するが,種によって,また場合によって低潮線付近の岩に生じるものもある。高さ 10~30cm,扁平のものもあり,また糸状のものもある。いずれもよく分枝する。マクサ G. amansii,オニクサ G. japonicum,ヒラクサ G. subcostatum,ナンブグサ G. subfastigiatum,オオブサ G. pacificumなどがそのおもな種で,いわゆる寒天の原藻となる。この藻類の藻体には四分胞子を形成するものと,果胞子を形成するものとがあるが,外観は同じで,成熟した藻体の生殖器部を切ってみて初めてその別が明らかになる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

テングサ(天草)【テングサ】

マクサとも。紅藻類テングサ科の海藻。日本各地の沿岸に分布し,低潮線付近から約15mの深さの岩上によく生育する。紫紅色〜黄紅色で3回叉状(さじょう)に分岐し樹枝状,高さ10〜30cm。寒天の原料となる。
→関連項目ところてん

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

テングサ【テングサ(天草)】

紅藻類テングサ科Gelidiaceaeの海藻で寒天の原料となる。テングサ類は日本近海で20余種が知られているが,おもなものはマクサGelidium amansii Lamouroux(イラスト)とヒラクサBeckerella subcostata Kylin(=G.subcostatum Okamura)である。一般にテングサというとマクサをさすことが多い。紫紅色ないし黄紅色で,藻体は高さ10~30cmぐらいになり,規則正しく羽状に分枝する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のテングサ(天草)の言及

【採草採貝業】より

…水深20mぐらいまでの藻類が対象なので,漁業の規模は小さく,3トン未満の漁船による操業がほとんどである。おもな対象種は,食用とするコンブ,ワカメと寒天原料のテングサ,オゴノリなどである。コンブは北海道周辺と青森県北部の一部で夏採取され,だいたい年間10万~15万tの水揚げがある。…

※「テングサ(天草)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報