コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テンジクダイ テンジクダイ Apogon lineatus

2件 の用語解説(テンジクダイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テンジクダイ
テンジクダイ
Apogon lineatus

スズキ目テンジクダイ科の海水魚。全長約 9cm。体はやや太く,かつ側扁する。眼が大きく,下顎が上顎より長い。尾鰭の先はほぼ直線で両端は丸い。体は灰色でわずかに赤色を帯び,体側に約 10本の淡褐色の横帯がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テンジクダイ
てんじくだい / 天竺鯛
verticalstriped cardinalfish
[学]Apogon lineatus

硬骨魚綱スズキ目テンジクダイ科に属する海水魚。本州中部以南、台湾、中国、フィリピンなどに分布し、内湾から100メートルくらいの深さの砂泥底にすむ。全長9センチメートルに達し、体は長楕円(ちょうだえん)形で側扁(そくへん)する。口や目が大きい。臀(しり)びれには2棘(きょく)がある。体色は白みが強く、体側に約10個の灰褐色の横帯がある。産み出された卵は粘液性の糸で互いに連なる卵塊となり、これを雄が口にくわえて孵化(ふか)するまで保護する。また、本種は有毒の鋭く長い棘(とげ)のあるガンガゼというウニの間に隠れて身を守る習性がある。
 テンジクダイ科の魚類のうち、本州中部以南の沿岸で普通にみられる種類は、本種とネンブツダイであるが、和歌山県の沿岸や南西諸島のサンゴ礁海域には多くの種類がおり、日本から五十数種知られている。大群をなして生活するもの、単独に生活するものもあり、おもしろい生態を示すものが知られている。雄が口に卵をくわえて保護するものは多くの種類で観察され、また発光魚も知られている。ツマグロイシモチA. elliotiやアトヒキテンジクダイArchamia lineolataなどは発光体が消化管に連結し、ウミホタルと同じ発光素であるルシフェリンをもち発光する。ヒカリイシモチSiphamia versicolorでは腹部前方に発光器があり、発光バクテリアの共生で発光する。[片山正夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テンジクダイの関連キーワード甘鯛疣鯛巾着鯛金時鯛瘤鯛雀鯛天竺鯛笛鯛武鯛テンジクダイ(天竺鯛)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

テンジクダイの関連情報