コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テータム テータム Tatum, Art

5件 の用語解説(テータムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テータム
テータム
Tatum, Art

[生]1910.10.13. オハイオトレド
[没]1956.11.5. ロサンゼルス
アメリカジャズピアニスト。生来,片目は見えず,もう一方の目は弱視で,驚異的なテクニックをもち,1920年代末から 50年代初期まで,ウェストコーストニューヨークで活躍。スイング感あふれる演奏によってジャズ界に不動の地位を得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

テータム
テータム
Tatum, Edward Lawrie

[生]1909.12.14. コロラドボールダー
[没]1975.11.5. ニューヨーク
アメリカの生化学者。シカゴウィスコンシン両大学で化学,生化学,微生物学を学び,細菌の栄養と代謝の研究で学位を得た。スタンフォード大学 (1941~45) ,エール大学 (45~48) 助教授,エール大学微生物学教授およびスタンフォード大学生化学教授となる (48) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

テータム(Edward Lawrie Tatum)

[1909~1975]米国の生化学者。微生物の遺伝子の機能を研究し、細菌の遺伝子組み換え現象を発見。1958年、G=W=ビードル、J=レーダーバーグとともにノーベル生理学医学賞を受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

テータム

米国の生化学者。ウィスコンシン大学卒,1948年からスタンフォード大学教授。アカパンカビ突然変異株の栄養要求性を利用して,ビタミンアミノ酸の合成経路の各段階が遺伝子によって支配されていることを明らかにし,遺伝生化学を発展させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

テータム【Edward Lawrie Tatum】

1909~1975) アメリカの分子遺伝学者。ビードルと協力して遺伝子と酵素の関係を研究、またレーダーバーグとともに遺伝子組み替えを発見した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テータムの関連キーワードコロラド川コロラドスプリングズコロラド葉虫バラデルコロラド野生保護区エバーウッド 遥かなるコロラドコロラド交響楽団コロラド・バレエ団コロラド岩コロラドスプリングスの空軍士官学校コロラド[川]

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

テータムの関連情報