コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディスカウント・ストア ディスカウント・ストア discount store

翻訳|discount store

3件 の用語解説(ディスカウント・ストアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディスカウント・ストア
ディスカウント・ストア
discount store

割引販売を販売戦略の重点におく小売店。デパート並みの品ぞろえを誇る大規模なものから,化粧品,家電製品などに特化した専門店までさまざまな形態がある。計画発注や大量仕入れによる仕入れコスト引下げ,店舗投資の圧縮,顧客に対するサービスを抑えることによって,低価格を実現している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ディスカウント・ストア

低価格販売を基本戦略とする小売業態の総称。低仕入価格,低マージン,高回転率を特徴としている。最近人気を集めているアウトレット・ストアホールセール・クラブも含まれる。
→関連項目価格破壊

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ディスカウント・ストア
でぃすかうんとすとあ
discount store

直訳すれば割引店、安売屋をいい、第二次世界大戦アメリカで普及したディスカウントハウスの日本での呼称。耐久消費財や衣料品などの有名商標商品を、メーカーから直接大量安価に仕入れ、経費を節約して現金で安売りする。割引率は、定価ないしメーカー希望小売価格の20ないし30%程度が多いが、ときには40%を超えることもある。安売りの基盤は、(1)大量現金仕入れ、(2)薄利多売、(3)高回転率、(4)現金販売、(5)持帰り制、(6)販売経費の徹底した削減などである。ディスカウント・ストアは、かつては東京秋葉原電気器具店群が代表的なものであったが、近年では取扱商品が広がり、チェーン店形式のものも多くなっている。[森本三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ディスカウント・ストアの関連キーワードブランド架橋戦略委託販売販売小売物価指数戦略車プレイス業務提供誘引販売取引最適戦略の原理バック・マージン販売戦略

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ディスカウント・ストアの関連情報