ディスカウント・ストア(英語表記)discount store

翻訳|discount store

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディスカウント・ストア
discount store

割引販売を販売戦略の重点におく小売店。デパート並みの品ぞろえを誇る大規模なものから,化粧品,家電製品などに特化した専門店までさまざまな形態がある。計画発注や大量仕入れによる仕入れコストの引下げ,店舗投資の圧縮,顧客に対するサービスを抑えることによって,低価格を実現している。アメリカでは 1930年代から存在し,第2次世界大戦後に発達,75年に製造業者と小売店の価格協定が廃止され急成長した。日本でも 70年代に売上げを伸ばし,流通機構の改善によって多くの分野に低価格販売が広がった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ディスカウント・ストア

低価格販売を基本戦略とする小売業態の総称。低仕入価格,低マージン,高回転率を特徴としている。最近人気を集めているアウトレット・ストアホールセール・クラブも含まれる。第2次大戦後米国で登場し,のち日本に導入された。耐久消費財などのメーカー・ブランド商品を安価に提供して急成長を遂げたが,値引競争も限界の域に達したため,サービスや品質など価格以外で競争しようという指向が強まってきた。
→関連項目価格破壊

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ディスカウント・ストア
でぃすかうんとすとあ
discount store

直訳すれば割引店、安売屋をいい、第二次世界大戦後アメリカで普及したディスカウント・ハウスの日本での呼称。耐久消費財や衣料品などの有名商標商品を、メーカーから直接大量安価に仕入れ、経費を節約して現金で安売りする。割引率は、定価ないしメーカー希望小売価格の20ないし30%程度が多いが、ときには40%を超えることもある。安売りの基盤は、(1)大量現金仕入れ、(2)薄利多売、(3)高回転率、(4)現金販売、(5)持帰り制、(6)販売経費の徹底した削減などである。ディスカウント・ストアは、かつては東京秋葉原の電気器具店群が代表的なものであったが、近年では取扱商品が広がり、チェーン店形式のものも多くなっている。[森本三男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ディスカウント・ストアの関連情報