コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デファン夫人 デファンふじん Deffand, Marie de Vichy-Chamrond, marquise du

3件 の用語解説(デファン夫人の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デファン夫人
デファンふじん
Deffand, Marie de Vichy-Chamrond, marquise du

[生]1697.12.25. ブルゴーニュ
[没]1780.9.23. パリ
フランスの女流文学者。自宅にサロンを開き,ダランベールモンテスキュー,フォントネル,ボルテールら多くの文人と交遊。晩年に 20歳下のイギリスの作家 H.ウォルポールに恋し,彼にあてた手紙は,その『書簡集』 Les Lettres (1809~65) 中の白眉である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

デファンふじん【デファン夫人 Marie de Vichy‐Chamrond,marquise du Deffand】

1697‐1780
フランスの社交家,書簡文学者。修道院時代から信仰うすく,22歳で結婚するが,社交界の魅力のとりことなり,パリ高等法院長エノーら要人と次々に浮名を流す。1730年にボーヌ街,ついで47年にサン・ドミニク街にサロンを開き,ボルテール,ダランベールら当代一流の文人を集め,才媛の名をほしいままにした。50歳をすぎて失明。何物をも信じられぬ曇りのない理性が災いして孤立感を深めたが,68歳で20も若いイギリス人ウォルポールに恋をし,その愛情は死ぬまで続いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デファン夫人
でふぁんふじん
Marie de Vichy-Chamrond, Marquise du Deffand
(1697―1780)

フランス18世紀における有名なサロンの主宰者。チュルゴー、ダランベール、その他百科全書派の哲学者たちが出入りした。晩年は盲目になり、読書係としてレスピナス嬢を雇うが、レスピナス嬢がサロンを開くと、それに常連を奪われ、淋(さび)しい孤独な生活を送る。イギリスの文人ホレース・ウォルポールなどとも交わした手紙は、その文章のみごとさにより、よく知られている。[原 好男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のデファン夫人の言及

【サロン】より

…アンビル元帥夫人やエギュイヨン夫人のサロン,ブフレール夫人を中心としたル・タンプルのサロン,オペラ上演の日に開かれたパレ・ロアイヤルのサロンなども思想家,政治家を集めたが,文学的にはタンサン夫人marquise de Tencin(1682‐1749。ダランベールの母),デファン夫人(ルソー以前の古典派を代表する),レスピナス嬢(デファン夫人の下から分離独立して客をさらった,前期ロマン派の代表),ジョフラン夫人Mme.Geoffrin(1699‐1777。〈サン・トノレ街の王国〉を築いた),デピネ夫人,キノー嬢らのサロンが有名である。…

※「デファン夫人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デファン夫人の関連キーワード書簡文学レスピナス外交家社交家サントノラ島シルバカーヌ修道院セナンク修道院ルトロネ修道院ベッラパイス修道院広瀬哲士

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone