コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュ・ビニョー デュ・ビニョーDu Vigneaud, Vincent

3件 の用語解説(デュ・ビニョーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュ・ビニョー
デュ・ビニョー
Du Vigneaud, Vincent

[生]1901.5.18. シカゴ
[没]1978.12.11. ホワイトプレーンズ
アメリカ生化学者。イリノイ大学に学び,1927年ロチェスター大学で学位を取得したのち,ジョンズ・ホプキンズ大学,ベルリンのカイザー・ウィルヘルム研究所エディンバラ大学で研究を続けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

デュ・ビニョー

米国の化学者。コーネル大学教授。ホルモンビタミンポリペプチドペニシリンの合成などについて研究。1953年脳下垂体後葉ホルモンオキシトシンおよびバソプレッシンの構造を決定,またその全合成に成功した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デュ・ビニョー
でゅびにょー
Vincent Du Vigneaud
(1901―1978)

アメリカの生化学者。イリノイ大学卒業。ロチェスター大学で博士号をとり、ジョージ・ワシントン大学、コーネル大学教授。メチオニンとその関連物質を研究し、体内でのメチル基の移動を明らかにした。1940年、ビタミンHとよばれていた物質がビオチンであることを示し、その構造を決定し、合成に成功した。ついで、脳下垂体ホルモンであるオキシトシンが9個のアミノ酸からなるポリペプチドであることをみいだし、その結合の順序を決定した。1954年には、アミノ酸を連結して、天然のものと同じオキシトシンを合成したが、これはその後のタンパク質の人工的な合成研究の足掛りとなった。生化学的に重要な硫黄(いおう)化合物の研究、とくにポリペプチドホルモンを初めて全合成した業績により1955年ノーベル化学賞を授与された。[石館三枝子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

デュ・ビニョーの関連キーワード正岡子規カクランノルデンショルドブラントンロッシュ星亨草かげの小径にてデトロイト・タイガースカイペル鏑木清方

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone